生涯学習の部屋

資格取得数232。5つの修士と16の学士と1つの短期大学士。単身赴任中、MBAサラリーマンの生きがい発見生涯学習奮闘記。

学長は辞めないのか?

2018年04月07日 07時09分10秒 | その他

あれだけの啖呵を切った谷岡学長。

結局、「パワハラはあった」との調査結果があったにもかかわらず、学長を辞めるという潔さはないのか?私が思うだけでも、学長の責任は非常に重い。

1.パワハラを実行した栄氏は至学館大学の監督で、谷岡氏が学長を務めていること。

2.パワハラを実行した栄氏は日本レスリング協会の強化本部長で、谷岡氏が副会長を務めていること。

3.パワハラを受けた伊調馨氏に対し、その調査がなされている段階で、己の勝手な思い込みにより正反対の情報を全国に流し、情報を歪ませ、誤誘導し、混乱を招き、至学館大学を貶めたのが谷岡氏であること。

このうち1つでも、心ある学長であれば辞表を提出するべき重大事案である。想像してほしい。パワハラをした教授や職員がいる大学の学長が、それを庇った会見をしている光景を。そんなことをした学長が生きていけるわけがない。ましてや、己の大学に所属している人間がパワハラをしているにもかかわらず、それを非難すると「法的措置で対抗する」と「恫喝」したのだから罪はさらに重い。

「至学館に風評被害を招いたのはお前自身だろう、恥を知れ!」と思ってしまうのは私だけだろうか?

一生涯学習者として、細々とアカデミックの世界にかかわっている立場からしても、この学長の失策は万死に値する。パワハラ認定された人間を擁護した瞬間でワンアウト。加えて、パワハラされている人間を非難した瞬間でツーアウト。そして、未だ、その地位にしがみついているいることでスリーアウト・・・チェンジだろう。

至学館大学は元中京女子大学。名古屋からも近いので、大学前で「学長辞めろ~!!」ってシュプレヒコールでもあげてこようか?

 

ジャンル:
学習
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« JR東海ツアーズの・・・ | トップ | 今日の昼食は・・・ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (tera)
2018-04-08 02:17:47
こういう大学は難しいですね。この大学は谷岡さんという方がオーナーをしている大学で、半ばスポーツ専門大学。伊調選手に対するパワハラ問題は言語道断ですが、一方スポーツの世界では野球でもサッカーでも監督、コーチに対する不平不満は厳禁とされています。こういう封建的な世界では自分と袂を分かれた選手に対するいじめ、差別、嫌がらせは氷山の一角だと思います。結論としては伊調選手がよくそれに耐えてあれだけの成果を残した。これは本当に素晴らしいと思います。スポーツの世界もいい加減大人になって「来る者は拒まず、去る者追わず」「試合中は指導者の指示に従うがプライベートな時間での発言はその責任を問わない」とすべきだと思います。
teraさん (フラ夫)
2018-04-10 11:40:48
至学館大学に行って、校門の前で「パワハラ反対!学長辞めろ~!」と小声で叫んできました。

それにしても・・・某監督、続けるのですね。メンタルが弱いようなことを、学長は言っていたと思うのですが・・・驚きです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

その他」カテゴリの最新記事