ブリの森づくりプロジェクト  

~森の再生からブリの来るまちへ~  小田原市無尽蔵・環境(エコ)シティ  ブリの森づくりプロジェクト 

森と海・木の文化を巡るツアー

2012-05-09 21:52:18 | ブリ森講座

真鶴半島の魚付き林

主催:小田原市無尽蔵・環境(エコ)シティ
ブリの森づくり」プロジェクト~森の再生からブリの来るまちへ~


日程:5月29日(火)
集合:小田原駅西口早雲公像前AM8:00
講師: 田代道彌さん(博物学者)   
   石戸谷博範さん(水産技術センター)
協力: 小田原漁業協同組合・ほか
費用: 2500円


昔日本一の漁獲高を誇った相模湾のブリは、小田原の豊かな海の象徴です。ブリの森づくりプロジェクトでは、海と森の再生めざして、小田原の森を大きな魚付き林とみなし生態系豊かな森づくりを始めました。この日は海に出て定置網を見学し、江戸時代小田原藩が植林した真鶴半島お林を散策。更に水源のブナの森白銀山と、木の文化の源流を巡ります。

【募集】37人 高校生以上 健脚向き
【内容】定置網見学、貴船神社、真鶴半島お林、白銀山散策・観察 
【持ち物】リュックにお弁当・飲み物・雨具・軍手・敷物等・筆記用具、スケッチブック、あればルーペ、双眼鏡
【服装】靴は底のしっかりした登山靴など
【雨天決行】雨天の場合はバスハイクのルートに変更します。(定置網―貴船神社―遠藤貝類博物館―伊豆山神社―御所山砦跡・関白道)
※当日連絡先 090-9349-7014(川島)


御所山砦跡

【一日の流れ】小田原駅西口(受付8:00)出発8:20―バス―8:30早川港===舟===定置網===早川港――バス―貴船神社―――真鶴半島……お林散策……昼食――バス―――ターンパイク白銀山西口P……徒歩……白銀山………御所山砦跡………ターンパイク鍋割P――早川港―小田原駅17:00

【お申込み】小田原市環境政策課まで 電話 0465-33-1476  Fax 0465-33-1487
住所・郵便番号・電話番号・氏名・年齢をお書き添えください。

※バスの定員の方が多いため、船に乗らない方も募集しています。
その場合は早川港魚市場駐車場に9:30集合。講習料は2000円です。
ジャンル:
環境
コメント   この記事についてブログを書く
« ブリはどこへいった?(相模... | トップ | 気仙沼大川の水質調査~小田... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ブリ森講座」カテゴリの最新記事