ブリの森づくりプロジェクト  

~森の再生からブリの来るまちへ~  小田原市無尽蔵・環境(エコ)シティ  ブリの森づくりプロジェクト 

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「移動式解体処理車」登場! ~県西のジビエに~

2017-04-01 21:48:01 | ブリ森ニュース


県西地域の有害鳥獣捕獲個体の回収・解体を行う、
移動式解体処理車が今年度登場します。
運営に当たり、県西二市八町で協議会も発足するそうです。
神静民報4月1日の記事によるとシカによる農林被害は少ないと書かれていますが、
里山地域では小麦畑がやられたり、ヒノキや広葉樹新植地苗の被害が多発しています。
山地の被害はなかなか把握が難しいため被害額の換算までは進んでいませんが、
今後はシカによる被害調査も実施していく必要があります。

県や小田原市の対策も動き出しています。
民間によるシカ対策、くくり罠による捕獲や防護柵も非常に効果がありますので、
是非これを機会に罠の免許を取ってみてはいかがでしょうか?

移動式解体処理車はこちらでご覧いただけます。
2016.08.15 移動式解体処理車が稼働へ-日本ジビエ振興協議会
http://www.jacom.or.jp/saibai/news/2016/08/160815-30621.php

ブリ森のらこ記
ジャンル:
環境
コメント   この記事についてブログを書く
« 共同研究大学の募集 ~小田原... | トップ | 結果概要 公開シンポジウム ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ブリ森ニュース」カテゴリの最新記事