Buriki-yaテツの放言

貧しくても賑やかなちゃぶ台で夕食をとっていた昭和30年代...今も健在なブリキ玩具・政治・経済に関するブログです

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

福田淳一事務次官のセクハラ? あるわけないでしょう!

2018-04-17 | まつりごと

福田淳一事務次官のセクハラ問題を言う前に思い出して欲しい。
安倍応援団山口敬之氏と詩織さんの事件を
 
名前:山口敬之(やまぐち のりゆき)
生年月日:1966年5月4日
現年齢:51歳
出身地:東京都
職業:政治部記者、元カメラマン
肩書き:元TBSテレビワシントン支局長、ジャーナリスト
 
学歴
筑波大学附属中学校
筑波大学附属高等学校
慶應義塾大学経済学部
 
山口敬之氏と被害者・詩織さんの事件のあらまし
事の発端は、2017年5月、週刊新潮にジャーナリストの伊藤詩織さんが山口敬之氏から暴行被害にあったと告発したこと
 
週刊新潮の内容
詩織さんは、2015年4月3日に山口敬之氏と都内の飲食店にて面会。
その後、途中から記憶を失うと、翌朝目覚めた時はホテルのベッドで山口氏が身体の上に乗っていたことから暴行被害にあっていたことに気づく。
 
詩織さんは警察に相談し告訴状が受理、逮捕状が発行される。
山口氏がドイツから日本に帰国するタイミングで成田空港で逮捕することに。
しかし、捜査員から「空港までは行ったが上からの指示で逮捕できなかった」と連絡が入り、直前で逮捕取りやめになった。
 
詩織さんが顔出しで会見
被害にあった詩織さんは、不起訴処分となったことに納得できず
「私の知り得ない上のパワーがあったと思っています」
と話し、検察審査会に審査を申し立て、顔出しで弁護士とともに会見まで開くことに。
 
加計問題に限らず身内の刑事事件までもみ消してしまう安倍グループ
世界中で叫ばれているMeTooセクハラも身内のものは全て不問に帰すのが暗黙のルールとなっているのでしょうか?
この国の辞書には 正義こそ正義とでも記載されているでしょうか?
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 次期政権よ安倍自民党を見習... | トップ | ネット通販から子供たちを守... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

まつりごと」カテゴリの最新記事