Weblog喫茶 モンブラン

10年4000日やってるブログです!

2004年の月世界旅行

2008-08-13 22:05:15 | ヴィシアの日常

モンブランへご来店の皆様、こんばんは。

連日、北京オリンピックの中継やニュースが入ってきていますね。
プレッシャーに耐えて期待にこたえられた人、惜しくも負けてしまった人、それぞれですが、ほんとうによくがんばっておられます。

中継を見ていると、
「アテネに続く連覇を目指します!」
などとアナウンサーが言っていたりしますが、
私、2004年の夏は、ずっと意識不明だったので、日本選手が大活躍したというアテネ五輪は全く知らないんです。
このシンボルマークも、記憶にありません。

世界中の人が知ってることを、自分が知らないなんて、まるで一人だけ月にでも行っていたかのよう。

北京オリンピックを見ながら、4年前のことを思い出している人も多いことでしょう。
でも、私には思い出せるものが何もありません。
月の思い出すらも。
なんだか寂しいものですね。

それでも、どこかの真っ暗な世界から戻ってこられて、半人前ながらもまた地球で、生命の躍動を感じさせるオリンピックを見られる日が来たことを、うれしく思いながら、テレビを見ています。(^^)




コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 日光みやげで高笑い その2 | トップ | レモンピールマフィンをデジ... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (茶葉ママ)
2008-08-14 11:01:26
すごいですよヴィシアさんは。
地球の裏側どころか魂が地球を飛び出していたんですから。
私の2004年は初めて自分の手で猫を育てたり、40歳になったのを機に受けた健康診断でガンが発覚したり転機の年でした。
そのときはまだ娘が高校生だったのでとにかく生きることを考えました。
どうにか生き延びて今は、娘の子を自転車で送り迎えするおばあちゃんになるのが目標。
ささやかな目標を持つだけで日常は輝きます。
しゅんけい君たちの活躍もこの目で見たいわぁ。
どんな大人になるんでしょうね。
4年前、4年後 (ぱぴりお)
2008-08-14 20:13:01
もう4年経つのですね。
ヴィシアのあまりにも突然の発病で、自分まで調子を崩してしまいましたが、4年をかけてだいぶ元に戻ってきました。
当時、2年生だったしゅんけいも6年生になり、手が掛からなくなりました。

ヴィシアにとって、今年が復活の節目になるような気がしています。

4年後の金メダルを目指してみんなでがんばりましょう!
Unknown (きょっぴい)
2008-08-14 20:34:25
ヴィシアさんにとっては4年前は大変な年だったんですよね。
私の4年前、四十肩?五十肩?で腕が回らなくなっていました。
仕事に支障をきたし前の仕事を辞めた年でもあったわ。
ヴィシアさんも無事月??から生還出来て、今こうやって元気にしていられるんですもの本当良かったです。
皆さんへ (ヴィシア)
2008-08-14 23:54:29
独り言みたいな記事でしたが、皆さん、コメントありがとう!(^^)
月並みなせりふかもしれませんが、健康は大切ですよね。
これからもみんな元気でいきましょう。

★茶葉ママさんへ:
いったい、どのあたりまで飛んで行ってたんでしょうねぇ~。
2004年に初めて猫を育てた・・・というと、ちゃあちゃんが初めて育てたにゃんこなんですか?
それは愛情もひとしおですよね。
私はずっと意識がなかったこともあって、自分ではあまり「生きる戦い」をしたっていう実感が、ないんですよ。
気がついたら病院にいたっていう感じですね。
家族はそれどころじゃないストレスだったのでしょうが・・・。(^^;
私も目標を持って、日常を輝かせたいですね。
それには、目標を達成できる体力をつけないとね。

★ぱぴりおへ:
4年も経つのになー・・・と、今の自分のふがいなさにしょんぼりすることもありますが、ぱぴりおには本当にいつも感謝しています。
双子が生まれて、毎日夜通してんてこまいだった時も、アトランタオリンピックが深夜の励ましになりましたね。
4年後はロンドン五輪を見て、ついでにF1を見たり、ヨーロッパ周遊なんかしてみたいですね。

★きょっぴいさんへ:
皆さん、それぞれ大変な年ってありますよね。
肩ってつらいですよね。私も後遺症で右肩があまり回らないんですが、何かと不便だったりします。
きょっぴいさんも、これからも6にゃんと、楽しく輝く毎日を過ごせますように。(^^)

コメントを投稿

ヴィシアの日常」カテゴリの最新記事