Weblog喫茶 モンブラン

10年4000日やってるブログです!

カメを逃がしてやった、浦島しゅんけい(動画つき)

2008-03-27 23:57:38 | しゅんけいツインズ

モンブランへご来店の皆様、こんばんは。

昨日しゅんけいが川でつかまえてきたカメですが、今日お昼前に二人して「放流」に行ってきました。

昨日の夜、水槽の中に入れるとじっと静かにしていたカメ氏、今朝になって明るくなると、やおらカリカリと水槽の壁を引っかいて騒ぎ始めました。
カメって朝型なんでしょうか。

壁に沿って重い体で立ち上がり、ひっくり返ってしまったりするので、早々にバケツに移して放流の準備に入ると、バケツの中でもさかんに動いています。

↓バケツの中で焦るカメの動画(約12秒、音が出ます)




しゅんけい、カメの暴れるバケツを持って出かけていき、無事に放して帰ってきました。
さて、竜宮城へのご招待がありますかどうか・・・?(^^)


しかし、男の子というのは、獲物を見つけると捕まえずにはおられないイキモノなんですね。

私などは「やはり野におけれんげ草」というタイプで、子供の頃、何か生き物を捕まえて持って帰るなんてことは、ついぞしませんでした。

ところがしゅんけいは、幼児の頃から、トンボだバッタだテントウムシだ、カタツムリだカエルだ、ドジョウだサカナだ・・・。
そして今回はついに大きなカメですから。

つかまえて、その後どうするんだ、なんてことは全く考えないんでしょうね。(^^;
捕まえることそのものが、快感なんでしょう。
しゅんけいは都会育ちな方だと思いますが、狩猟本能もまだまだ残っているのかな。

次の獲物が、楽しくもあり楽しくもなし。
毎回驚かされる側としては、複雑な気分のおかーさんです。



コメント (3)   この記事についてブログを書く
« しゅんけい、生涯最大の獲物... | トップ | しゅんけい工房春休みスペシ... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (茶葉ママ)
2008-03-28 08:15:20
亀なんて可愛い方じゃないですか。
かなり大物ですが・・・
あとは何を連れてくるのやら・・・
子猫はありそうですね。
そしていづれ可愛い彼女を・・・・うっきゃ~。
その時は連絡してくださいね
「やはり野におけれんげ草」 (フィナンシェ)
2008-03-28 12:38:40
ここ数年、「菜の花畑」「れんげ畑」(注:私的に、"畑”は"だらけ"と読む)を捜し求めています。
先日伊豆方面旅行中、やっと満足のいく広さの菜の花ポイントに出会いました。なのに...!
むせ返るような蜜の香りが....しない。
茎にアブラムシがミッチリ....いない。
蜂やちょうちょが飛んで...いない。あれぇ??
私的「菜の花だらけ」ではありませんでした。
母の話によると昔よく見た田んぼのれんげは、肥料にするため種をまいていたのだと。もう”だらけ”には出会えないのでしょうかね...

失われつつある里山・自然ですが、しゅうけいの行動は頼もしいかぎりです。れんげをおく野、カメを逃がす川、大切にしたいですね。
茶葉ママさん&フィナンシェちゃんへ (ヴィシア)
2008-03-28 22:16:02
お二人とも、コメントありがとう!

★茶葉ママさんへ:
子供が成長すると、獲物のサイズもでかくなるので、こちらも覚悟がいるんですよね。
子猫はいつかありそうだにゃー。
実際、前科?があるんですよ。(前後編)↓
http://blog.goo.ne.jp/bunnyanlove/e/909d6240139afcc2b6078bec4b6c54c1
http://blog.goo.ne.jp/bunnyanlove/e/366b8ce5341f7bb2246c718024c2d464

可愛い彼女を連れてですかぁ・・・
動画を撮った後、
「明日、放してやりなさい」って言うかも。(笑)

★フィナンシェちゃんへ:
昔は、公園じゃなくて”原っぱ”がありましたからね。
北海道は菜の花はなかったと思いますが、クローバーや、蜜が吸えるアカツメクサ、タンポポなど生え放題で、春にはモンシロチョウがわんさか飛んでいました。
山に入ったりクルマで郊外に出なくても、そういう中で普通に草の匂いにまみれて遊べました。
子供には、整備された公園はいらないですね。原っぱが万能の遊び場でしょう。

コメントを投稿

しゅんけいツインズ」カテゴリの最新記事