岐阜の画廊 文錦堂

gooブログ始めました!

「-伊賀・楽- 谷本貴 陶展」会場奥風景。

2018-11-08 11:39:37 | 工芸
皆様、おはようございます。

今日も岐阜は、朝から暖かな日差しに包まれています。

さて、3日より開催致しております「―伊賀・楽― 谷本 貴 陶展」 【 ~ 11日()】も、早いもので中日を迎えました。
おかげ様で、会期中は貴さんの新作を一目見ようと、連日県内外から大変多くのお客様にご来廊賜わっております。
今週末は、是非とも皆様のご来廊を心よりお待ち申し上げております。

それでは、伊賀焼の名門 谷本家三代目として「現代伊賀」を切り開く、貴さんの新作が並ぶ会場奥風景をご紹介致します。



会場奥正面には、「伊賀茶碗」と共に近年評価が高まる「楽」の茶碗が来場者の目を惹きつけます。



 額は、陶芸界の巨匠 加藤 唐九郎(1897-1985)による書 「土は生きている」 。

続いて、伊賀による豪快な「水指」「花入」と共に、同郷の偉人 川喜田半泥子を想わせる「井戸茶碗」が一際存在感を放ちます。



違い棚には、キズも歪みも景色と見なし一瞬の間を大切にする貴さんらしい「徳利」が並びます。 



最後は、「酒器」コーナー。 今展でも、様々なスタイルによって表現された伊賀・楽の「ぐい吞」が出展されて人気を集めています。



明日からは、多くのお客様方から大好評頂いている「私の一押し作品!!」を作品別にご紹介していきます。 乞うご期待!!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 「-伊賀・楽- 谷本 貴 陶展」... | トップ | 私の一押し作品!!≪茶碗 編... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

工芸」カテゴリの最新記事