久慈川の365日「シガと鮎」

久慈川が流れる大子の四季

高齢で、つり人&旅人となった奥久慈友釣り愛好会夏の川しか知らない秋の紅葉狩りの旅に出た。

2016-10-29 11:12:29 | 日記
 10月28日(金)メンバー5名で江合川・皆瀬川上流・役内川・小国川の夏の風景だけしか知らない釣りバカは、何を思いついたのか秋の釣り場風景を紅葉狩りの旅してみたいとつり人から旅人へと会の成り行きを広げ、気の合う同志で行動するのも楽しものである。6時 大子出発~9時頃 東北道古川到着 47号~457号 江合川の釣りの話をしながらオトリ屋を探すのに苦労して役場の観光課で親切に案内された釣りの思いで・・・398号に入り花山湖・栗駒高原方面に向かい   迫川・浅布渓谷の紅葉を肌で感じ色合いに感動していた温湯地から栗駒方面を取りやめ398号線沿いの紅葉狩りに目をむけて車は走る湯浜峠  宮城県から秋田県小安街道の名の398号線この道は車も少なく架かる橋の名前が実に面白い茨城県では考えられない橋名が記されているのである。小安峡の紅葉と風景を眺めた釣り馬鹿は、夏のつりを楽しんで川に立ち込んでいるため、 皆瀬川上流に渓谷などあるなど忘れかけている釣り馬鹿達であり今日の旅人で素晴らしい景色と紅葉に酔いしれていた。旅も良いものである。雄物川・役内川 51号~13号~108号線街道に立ち入る。秋の宮温泉郷、(リール竿)昔の愛好会の思いで話に花が咲くのである。酒と小指、昔のおおらかな時代での釣りの魅力であつたみたいで、その頃の仲間は、草葉の陰となつていた。108号にも橋の名前が微笑ましいい鬼首・鳴子峡 47号線 鳴子峡は、  観光客で賑わっていた。小国川上流赤倉温泉3年前の夏の釣りが思い出される宿泊地13号に向かい山形・福島・茨城と車は走り大子着8時30分 3時頃から雨で茨城まで雨に導かれた帰宅であつた。35mmの雨量で縄張り漁・・・悪に満ちた心が走る・・・釣り会も、つりだけでは無く旅を取り入れることで、幅が広くなり楽しみが深くなります。好きなこと同志の仲間でしかできない行動である。今回は、佐藤会長の下見の推薦での旅であった。車中一泊のマイクロバス運転手付きの愛好会の釣りは、夜間出発が多いので、昼間の風景を見る事が無く釣り場に立ち込む流れであったので今回は、紅葉狩りをして自然の雄大さと美しさを知ることが出来たつり人&旅人の遠征でした。クマ出現注意の看板が目に多く留まる中キノコ採りをする車が山中に見受けられて人ごとに心配する東北の山岳地域での光景でもあった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  久慈川全面禁漁の一週間明け... | トップ | 奥久慈大子の紅葉見頃10日... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事