ぶんちゃん日記

最北の、何もない静かな山奥「ぶんちゃんの里」のオーナーの交流日記です!

牛の助産

2008-02-21 21:36:57 | Weblog
いまの時期、私の牧場では牛の分娩が盛んになってくる。
全体的に頭数が少ないがこれから4月までに20頭ほどが出産予定だ。以前から牛の出産は自然分娩(分娩房で牛が一人でお産すること)にしているために分娩に立ち会うことはほとんどない。

よく牧場での撮影シーンなどには必ず分娩シーンがあって助産し、命の誕生の瞬間に感動する姿が映し出されることが多いが、我が家ではこうした分娩シーンをみることが滅多にない。
その事は同時に、わたしどもにとっても労働の軽減につながっているのです。と言うのは夜間等の分娩に立ち会うと大変です。場合によっては一晩中寝れないことも。その点自然分娩はとても楽です。

ところが今夜は繋留している牛だったために、牛舎のなかでの分娩で久し振りに助産した。お産のはじめての牛で(初産牛)あったために、強い牽引のある分娩器具をつかっての助産であった。第一次破水から3時間以上が経過していたために、随分と時間がかかったが8じ過ぎに無事出産させた。

メスであった。

親子とも元気一杯だ。「沢山ミルクをだして経営を楽にさせてくださいよ」と心の中で願ってみた。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 温かかった今日の最北 | トップ | 酪農家1年生の勉強会 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事