ぶんちゃん日記

最北の、何もない静かな山奥「ぶんちゃんの里」のオーナーの交流日記です!

輝く満点の星

2010-02-13 20:31:46 | Weblog
 午後6時過ぎ、夕方の畜舎の仕事を終え外に出ると思わず「うわあぁぁ~あ、寒い!今夜はシバレル」(冷え込む)と言う声を上げてしまった。
鼻から吸う空気で鼻の中がムズムズする。ふと、夜空を見上げてみると満点の星が輝いている。見慣れた光景ではあるが「なんと素晴らしいだろう」改めて思ってしまう。
よく、都市からやって来た人たちが「星がとても綺麗です」と言っていたことを思い起こしてしまった。
「世界中、晴れていればどこから見ても星空は綺麗なんだろう」なんて短い帰路の中で考えていた。
 
 そんなことを思ったのも、今日アラスカから英語の指導の為に町に来ているヘス ラーセン氏の訪問を受けたからだろうか。彼は最近何度か我が家に寄っておしゃべりをしていってくれる。
頭が良いのか、とても日本語が上手だが、せっかちな私は通じないとイライラしてくることも時々ある。
そんな彼は、恋人(本人は彼女と言っている)を連れての訪問だ。かねてから、搾りたての牛乳を飲ませる約束をしていた。彼女も牛乳がとても好物らしく、かつては日々1㍑ほど飲んでいたという。

 彼女は北○道教○大○学で働いていた。この○学の学生さんが昨年の秋に先生と共に我が家に一泊し酪農体験をしていった。そのことも学報で見て知っていたという。
何だか遠い親戚の様に思ってしまった。

 彼もまた人なつこすぎるくらいの好青年で、私の所にいる埼玉研修生くんとも会話が弾んでいたようだ。お互いに山登りが趣味らしく、研修生くんの自宅に立ち寄っていったと言う。どの程度言葉が通じたかは知らないが・・。

 何はともあれ、国を離れてやってくる事の偉大さは、気の弱い私にとっては想像を絶するものがある(少しおおげさだか)
時には満点に輝く星空を見上げ母国を思い起こしながらも、日本最北の地で思いっきり仕事をしていってもらいたいものだ。
そして、お二人の幸多かれといのらずにはいられない。
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« プレゼンの準備 | トップ | チョコレート »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
有り難う (へス)
2010-03-25 06:17:20
この写真有り難うございます。
ブンサンの牛乳はなまた美味しいです。
有り難うございました。
あの時は楽しかったです。
有り難うございました。
 
この夏もよろしくお願いします。
どういたしまして (Unknown)
2010-03-27 14:05:32
 ヘス さん
書き込みありがとうございました。
25日彼女には会えませんでしたが、沢山の学生さんや事務で働く人に会いました。

またまたよろしくお願いします

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事