ぶんちゃん日記

最北の、何もない静かな山奥「ぶんちゃんの里」のオーナーの交流日記です!

研修会も交流会も元気に過ごして。

2015-11-20 18:59:10 | Weblog
 昨日はNPO法人マリッチカウンセリングセンター主催の全道結婚相談員研修会が開かれ、JAの営農部長と出張出札してきた。
今回の研修は、農村青年の婚活に関わっている関係者だけを対象に開催されたもので、毎年恒例の事業である。
全道各地から100名を越える人たちが参加した。

        

 今回の研修のテーマは、「婚活いろいろ、結婚で幸せみつけよう~人も元気、家庭も元気、地域も元気」として、STVラジオの十人十色
でおなじみの工藤準基さん、常呂町の農業寺町敬子さん、海外ビジネス支援企業ディレクターで社会科学系科目兼任講師の森下義亜さんの
3人のパネラーと北海道農業会議の佐久間事務局長のコーディネーターによるパネルディスカッションが行われた。

        

 工藤準基さんのなめらかな口調で「理解し合うには性格は似ていないとダメだが、愛し合うには少しばかり違わないとダメな事」など
ラジオ番組を通しての視聴者からの意見等も交えて楽しく延べ、寺町さんは農業に嫁いだ女性が集まって作った「ところよめさんねっと
わーく」の活動の事や農業は宝の箱であること、嫁いでこられた人たちを「褒めてやることの大切さ」などを語った。
また、森下さんは、結婚活動がブームだった時代を振り返りながら、今は結婚をしたくないわけではなく、出来ればしたい」、ブームから
ムーブへ変化していることを述べられた。

 皆さんとても良い話しであったが、いつもラジオから流れる工藤準基さん顔を見るのは初めてであった。
興味深く聞くことが出来た。

                                  

 その後、2つの分科会に別れて、それぞれ町村が抱える婚活の問題点や取り組み状況をきめ細かく、情報交換した。
何処の町も、消極的な男性に苦労しているようで、農業経営はもちろんのこと、地域を元気にすることからも、避けて通れない婚活を
成功に導かなければならない事を確認し合った。
私も、私達の農村婚活の課題や取り組みについて発言した。数年前に私もこの研修会のパネラーとして参加したことがあった。
その時から課題は同じような気もした。

         

 当然のごとく、研修の後は更なる研鑽を深める意味で懇親情報交換会であった。
ここでも張り切って情報を交換した私。 パネラーや助言者の黒澤先生方とも親しく交流。

        

                                   

 更なるさらなる交流と婚活宣伝の意識を持って次なる会場にも足を運んだ。
ここでも沢山の本音が・・・。とても有意義な・・・。
随分と本音で語り合ったためか帰宿も深夜に・・・・・早朝、散乱している衣服を見て・・・ほんのすこしだけのみすぎかと・・・。

           

                               

 農村の配偶者対策の責任者として、沢山の課題を抱えている為、何とか多くの人たちから体験談を聞き「ヒントになることはないか」と
期待を込めて参加した。

 早々に月末には関係者に集まっていただき、研修結果を報告して次なる対策を検討する予定である。
少しでも、人や家庭や地域が元気になるように・・・・ 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 寒くなりました~。 | トップ | 復活に向けて準備を・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事