ぶんちゃん日記

最北の、何もない静かな山奥「ぶんちゃんの里」のオーナーの交流日記です!

麦飯に感謝

2010-03-31 14:31:12 | Weblog
 私は小檜山さんの書くエッセイがすきだ。ある農業雑誌に連載小説を書いていてそれを毎月楽しく読んでいた。完結したあと続いて同じ雑誌にエッセイを書いていて、今月号のを見て自分の幼少期を思い起こし感動した。

 先日の札幌でのクロストークで「食の大切さで感じることは」とのコーディネーターの質問に私は小学校時代の食べ物の話をした。「私は貧困の中で小学校時代を過ごした。今では健康食品のひとつだが、当時は貧乏人が食べる麦飯があった。米半分、麦半分はいった黒っぽいご飯だった。米だけのご飯は、盆と正月だけしか食べられなかった。カレーライスも豚肉など入っていない。かまぼこがたいていで肉と言えば野ウサギか自分の家にいた鶏肉だった。そうした生活の中で身についたのは、食べものの大切さだったと思う。食べることが一番の楽しみとなって育ってきた・・」と。
恥ずかしい話だったが大切な事だと瞬時に思って語った。会場が静まりかえっていたことを感じていた。

 小檜山さんのエッセイの中で、「65年前の7才の時の正月の楽しみに3つあった」とある。「一つは、三日間だけ真っ白いご飯が食べられたこと。二つ目に、兄弟がみんな揃うこと、三つ目に、みかんが食べられたこと」と。
私とは一回り以上違う時代だが、全く同じスタイルに感動すらした。ミカンもそうだったな~~あ・・と。

 今の時代を生きる人にそんな話をしても通じないかも知れないが、クロストークの時の話は聞いてもらえたと勝手に思っている。
何故なら、次の日の私のメールにある女子高校生から「感動しました。小川さんが食べることを楽しみにしている理由をもっと詳しく教えて下さい。発表会に出る原稿を作っているのです」という質問だった。

 貧困でミカンも自由に食べられなかったことに、麦飯を食べれたことに感謝だね~~。
コメント   この記事についてブログを書く
« 55ビル へ | トップ | 大雪原を歩く後ろ姿を・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事