ことぶきと一緒

貧乏劇団座長がデブ猫ことぶきを膝の上にのせて描く徒然日記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ブログ、お引っ越し

2013-01-07 11:00:47 | Weblog
このブログも、6年ほど続いてまいりました。

もちろんブログは今後も続けていくのですが、このたび「アメブロ」にお引っ越しすることにしました。

こちらのブログも好きだったのですが、まわりの親しいたちが「アメブロ」をやっていることが多く、前々から『青田もアメブロにおいで」的なことを言われていたのですが、そして天の邪鬼な僕はずっとそれを無視していたのですが(笑)・・・とうとう移行することを決断しました。

まぁ、心機一転って感じですね。

新しいブログは

http://ameblo.jp/bulutaku/


になります。

ぜひ、今後はそちらをご覧ください。

コチラのブログも僕の6年間の足跡なので、残しておきます。
時々、読み返しに来ようかな。

それでは、アメブロでお会いしましょ~♪
コメント

冬はマスク

2013-01-03 15:01:10 | Weblog
冬に欠かせないもの・・・それはマスク。

風邪などの防止に役立つし(そのわりにノロになるわ、風邪にはなるわでしたが)、顔が暖かい。

そして、なによりマスクをしていて一番助かるのは・・・



「電車で大口を開けて寝られる」



ってことです♪

毎日、電車で遠距離移動する僕にとっては、必須アイテム。

まだまだ3月までお世話になりますよー!

コメント

大晦日

2012-12-31 16:12:04 | Weblog
今年、一番惚れた女(笑)。



今年も1年ありがとうございました。

来年もよろしくお願いいたします。
コメント

あ、終わってた

2012-12-26 11:25:44 | Weblog
バタバタした日々を送ってたら、クリスマスが終わってました(笑)。

写真は、帝国ホテルのロビーにあるクリスマスツリー。

昨日は帝国ホテルで・・・・・・仕事の打ち合わせでした(笑)。

帝国ホテルで再来年の舞台の打ち合わせをして、そのまま代々木上原に移動して、テレビ制作会社の人と打ち合わせして、夜は稽古場でワークショップ・・・そんなクリスマスでした。

まぁ、毎年クリスマスらしいことってしないんですけど。
今年も仕事ばかりでしたが、楽しく過ごせました。
僕の場合、クリスマスよりも、クリスマスに向かう12月のワクワクした雰囲気の方が好きだったりします。

しかし、クリスマスが終わってしまったら、あとはもういよいよ今年もカウントダウン。

今年もいろんな出会いがありました。

まだ終わったわけではありませんが、今年1年たくさんの人にお世話になって、本当に感謝しています。
来年ももっとお世話してください(笑)。

とりあえず、ノロが治ったと思ったら、風邪をひいてしまったので、年内に治したいと思います(トホホ・・・)。
コメント (2)

打ち上げの写真

2012-12-22 20:32:08 | Weblog
写真は、先日の舞台の公演中に撮った打ち上げの写真。

出演者たちと撮った写真ですが、実はその日に観に来られた素敵なお客様も一緒に写っています。

そのお客様とは・・・吉田栄作さん。

河合さんの古くからのお友達で、今回観に来てくださり、そして打ち上げまで参加してくださいました。
とっても優しくて気取らない気さくな方でした。

栄作さん、河合さん、僕は同い年の同級生。
河合さんは、僕が香川の田舎にいた頃からテレビ・映画で活躍されていたし、栄作さんは僕が上京してきた頃に、彗星のようにデビューして一躍スターになった方でした。
そんなお二人とお酒が飲めるなんて夢のようでした。
田舎の友人に自慢したい(笑)。

栄作さんは、今度ドラマで主演されますね(BSプレミアムドラマ)。
楽しみです♪

コメント

名場面? その5

2012-12-14 11:16:18 | Weblog
みんなで覗き見。


撮影 大野朋克
コメント

名場面? その4

2012-12-14 11:14:33 | Weblog
春樹さん、華麗に転倒。


撮影 大野朋克
コメント

名場面? その3

2012-12-14 11:13:06 | Weblog
店長のジャンプ力。

撮影 大野朋克
コメント

名場面? その2

2012-12-14 11:11:24 | Weblog
デビルエンジェルっ!のポーズ


撮影 大野朋克
コメント

新劇団員その4 小野寺陽香

2012-12-12 23:52:51 | Weblog
現時点で、もっとも「青田テイストを体現してくれる」女優。いつか主役やらせたい。


撮影 大野朋克
コメント