初瀬川王国

初瀬川による直樹的な生き方の表現の場

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

GoProとSony action camの装着 sena20s vfx-w

2014年11月10日 00時02分22秒 | バイク
最近、走りとは関係の無いバイクツールに興味がある初瀬川です。


少し前にGoPro2をガンナー用のヘッドセットの位置に取り付けかなり目線な映像が取れるようになりました。そこに今回、新たにSonyのaction camを追加装着することになりました。
単なる追加では2個もカメラをつける必要はないのですが、今回のSony action camは映像をwifiでスマホや専用のリストバンドに飛ばせる事を利用してバックモニターとする予定で設置を検討しました。

頭の上はチョンマゲみたいになるので却下。
カメラが前後に長く細いのでサイドで考えました。

両面で付けてしまえば簡単なのですが、つけてない時にアダプターがかっこ悪いのと両面は後で外しづらいので悩んだ結果、ゴーグルのバンドと共留めできるアダプターで背後の画角を調整しながら場所決め。

ずっと見ていると気持ち悪くなりそうですが、バックモニター付のヘルメットができました。

OGKのメットは GoPro2とSony action camとsenaのインカム20sの装着
出来る事
前後同時撮影
バックモニター
スマホの音声操作 検索 ナビ経路設定
送受信とハンズフリー電話
音楽視聴


shoei vfx-wのメットは Sony action camの装着とsena 20sの装着
出来る事
前後の撮影
バックモニター
スマホの音声操作 検索 ナビ経路設定
送受信とハンズフリー電話
音楽視聴

こんな感じに電脳化してかなり気にいっています。

さらっと書いたインカムのsena20sですが、クローズドコースでアフターパーツのレーシングマフラー装着済のバイクで200キロを越えた状態で電話していても、周囲の音をキャンセルして相手には外を歩いている程度の感覚で会話が成立してくれます。
公道で法定速度内なら、真面目な話も相手にバイクに乗っていることを悟られず話せます。

テクノロジーの進化は素晴らしいなー

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 前の記事へ | トップ | 次の記事へ »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

バイク」カテゴリの最新記事