ブドウ作りの便り

岡山県特産のマスカットやピオーネを甘くて、大粒でより沢山収穫したいと思います。

イチジクのなり方

2017-04-22 01:10:08 | 植物の生理生態

通常イチジクは、枝が伸びて、その枝の葉の元に果実が実ります。
しかし、写真のように既に、大きな果実が成っています。
これは、昨年に既に果実になってのが、冬の寒さに耐えて、肥大し始めたものです。
通常のイチジクは9〜10月に成熟するのに対し、この果実は、夏果と呼ばれ6月頃に成熟します。
早く成熟する為、市場では高値で取り引きされます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 草茫茫にしています。 | トップ | コカクモンハマキの防除。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

植物の生理生態」カテゴリの最新記事