充実果樹園生活(定年就農)

来て!見て!食べて!!
つくば展開地ぶどう園(てんかいちぶどうえん)です

クリオオアブラムシが発生

2012-06-08 | クリ(栗) castana
冬にわが家のクリの剪定をしたのですが、結果母枝が細いので
あまり期待していなかったのです。でも雌花が咲いているなと
真剣にクリの枝を見ると「しまった、クリオオアブラムシが
ビッシリ」。冬期にクリの木に数センチ幅の真っ黒い帯を発見
したことがありました。印象が強くて忘れられません。



年5-8回発生します。通常は胎生雌ですが、秋に産卵雌のみが
卵を産みます。防除のポイントは5月の萌芽~展葉期に、孵化
直後の幼虫を対象に有機リン剤を、落葉後には越冬卵を対象に
機械油乳剤を散布します。


左側の雄花はまだ開花していません。雄花は前年の初夏に花芽が
分化していましたが、雌花は当年の春に分化して、急速に発達
します。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ブラッドオレンジジュース | トップ | 美味しいクルミだれ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

クリ(栗) castana」カテゴリの最新記事