21世紀新訳・仏教経典(抄)

西川隆範編訳・桝田英伸監修

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

さて、いよいよ阿弥陀仏様の真実のお姿です!!  ~監修者の独り言

2011-04-30 05:10:25 | お知らせ
さて、第八観まで終えました。 極楽の様子が、すっかり出揃いました。 皆さんは、イメージが出来ましたか? なかなかイメージが追いつかないかもしれませんが、それにしても第八観は、壮観でしたね! (宣伝ですが、極楽の絵を使って、編訳者と監修者が作った絵本があります。→『絵本 極楽』) さて、次回からはいよいよ阿弥陀仏様の真実のお姿です! 超天文学的な数字も出て来ますが、壮大なイメージはたいへん美しい . . . 本文を読む
コメント

浄土の救い(一)-観無量寿経  ~極楽浄土の瞑想 第八〈像観〉

2011-04-24 19:26:37 | 経典
仏陀はアーナンダとヴァイデーヒーの二人に向かってお告げになられた。 「この事を目の当たりに出来るようになりましたら 次には まさに阿弥陀仏の姿を観想なさって下さい。 なぜ〈仏の観想〉を勧めるのかといいますと もろもろの〈仏(迷いより目覚めた者)〉・〈如来(真如【ありのままの悟りの世界】へと行き、真如より来たる者)〉は 実は〈真如の法そのもの〉を身体としていらっしゃるので “あらゆる生き物の心 . . . 本文を読む
コメント

浄土の救い(一)-観無量寿経  ~極楽浄土の瞑想 第七〈華座想〉

2011-04-17 19:11:19 | 経典
「かの無量寿仏を観ることを望む者は、まずこの観想より始めて下さい。 七宝の大地の上に蓮華が咲いている、と思うのです。 その花びら一枚一枚に、百宝の色が溢れています。 花びらには、八万四千ものすじが通っていて、あたかも天の紋様のごとくです。 すじには八万四千の光があります。 それらを一つ一つ明瞭に想い描いて、目の前にあるかの如くになさって下さい。 小さな花びらでも、縦横の大きさは二百五十ヨージ . . . 本文を読む
コメント

浄土の救い(一)-観無量寿経  ~極楽浄土の瞑想 第七の導入〈無量寿仏の顕現〉

2011-04-10 18:59:29 | 経典
仏陀はアーナンダとヴァイデーヒーの二人に向かってお告げになられた。 「あなた方は、それぞれの立場で明らかにお聞き下さい。 忘れないようにはっきりと聞いて、よくよくこのことについて思念なさって下さい。 〈仏たる私〉は まさにあなた方のために〈苦しみを取り除く方法〉を こまやかに分けて詳しく説き示しましょう。 あなた達はこの法をしっかりと記憶し、心に保持して 広く人々のために同様に分けて解説なさっ . . . 本文を読む
コメント

浄土の救い(一)-観無量寿経  ~極楽浄土の瞑想 第六〈総観想〉

2011-04-03 20:54:29 | 経典
〈さまざまな宝石で飾られた国土〉の一つ一つの境界の上に 五百億の〈宝の楼閣(たかどの)〉があります。 〈楼閣〉のなかでは、無数の天人たちが音楽を演奏し、舞いを踊っています。 また 虚空には楽器が浮かんでおり 天界の〈宝の幢(はた)〉のように 打たないのにおのずと鳴っています。 これら さまざまな音楽の中に 〈仏を念うこと、法を念うこと、比丘僧を念うこと〉の大切さを説いているのです。 このよ . . . 本文を読む
コメント