ぼっぼいこや

アニメやプラモ・フィギュア製作についてぼちぼち書いていこうかと思っています。

シルヴァ最終上限解放

2017-10-30 | グラブル

シルヴァのレベルが100になったので、
フェイトエピソードが開放されました。


内容は、ソーンの最終上限開放エピソードの終盤のところを、
シルヴァ視点で描いたものでした。ホントこの2人は笑


めでたく仲直り
属性は違いますが、この2人が組んだら敵は何もできません。


シルヴァの4つ目のアビリティが使えるようになりました。


5ターン経たないと使えないので
四象降臨の「アグニス」戦で使ってみたのですが
感想としては、あまりいらないかなという感じ

3ターンの間、サブキャラのどちらかと交代(ランダム?)して
そのキャラが攻撃するとシルヴァが追撃してくれます。
3ターン経つと強制的にシルヴァが戻ってきます。

使い方としては、身代わりとして使うか、
HPや状態異常の回復役をサブに入れておいて使うか、
うーん・・・他に思いつかない笑

シルヴァのすごいところはアビリティ3つを使った攻撃。
敵によってはいきなり400万以上のダメージを与えることも。
対して、普通の攻撃が弱いのかというと全くそうではなく
他の水属性のキャラ以上に攻撃力があります。蹴りなのに笑

そんなシルヴァを下げてまでサブキャラを出す理由は上記以外他にないかも?


ちなみにそのアグニス戦。
時間はかかりますが、ソロで討伐できるようになりました。
めんどくさいので次からは半分くらい減らしたら救援出しますけど・・・。

リルルのバフ&回復、私のシャルロッテちゃんのダメージカット、
そしてシルヴァの桁外れのアビリティ攻撃で多少余裕を持って倒せました。


単純な攻撃力だけではサラーサより劣るシルヴァですが、
敵に与えた数値の大きさではサラーサより遥かに上です。
あくまで「出した数値」でですが、シルヴァは400万ちかく、サラーサは100万ちょっと。
シルヴァをリヴァイアサン戦に出してそれだけ数値が出るとかそういうことではありません。
出したところで大して役には立ちませんので間違えのないように

単純に敵に与えた数値の大きい順番で並べると、
トップ4はシルヴァ→ネツァ→バザラガ→ソーンになります。

いきなり300万オーバーを出してくれるのはとても心強いし助かるので
持っていない人には水属性ではシルヴァおすすめです。
かわいらしさではシャルロッテちゃんが超おすすめですが、
レベル100になったのに4アビがないのがとても残念・・・。
でもやっぱりかわいいのでおすすめなのであります


※しつこいですが、あくまで私の持ってるキャラの話です。
私のレベルや持っている武器、武器のレベル・スキルレベル、召喚石などの組み合わせで
違ってくると思うので、他の方のシルヴァがどうかは分かりません
でもやっぱり飛びぬけてすごいと思います(最終上限開放済なら)

コメント

黒麒麟戦

2017-10-29 | グラブル
最終上限解放後の白虎咆拳に新たなスキルを与えるべく
レベル120の白虎と戦って「西白の霊宝」を集め、
さらに、「黒曜石の札」をドロップする「黒麒麟
と戦うために必要なアイテム「四象金印」を集めます。


金印と交換するには四象の印符4種類が1つずつ必要なので、
黒麒麟・黄龍用に金印2個分になる印符を8枚集めました。
印符を1つ交換するたびに要求する「四象の輝き」の数が
5000ずつ増えていくので大変でした。


金印2個と交換します。
これで黒麒麟or黄龍と2回分自発して対戦することができます。

今回はここで終わるつもりだったのですが、
一度どんな感じか戦ってみたかったので
「黒麒麟」戦をやってみることにしました。

下調べ・下準備をしていざ!!

最初は普通のマルチ戦でやろうと思っていたのですが、
共闘のマルチ戦も一度参戦してみたかったので、
今回は共闘のマルチ戦で募集している「黒麒麟」戦に参戦しました。
靂天の境界、紫電の黎明」と書いてあるほうが多いかも。
条件は部屋主によっていろいろさまざまです。


編成はこのようにしました。

が、下調べや下準備が全く必要なかったくらい
上位陣が強すぎてあまり何も出来ませんでした
エリュシオンにして攻撃型のほうがよかったです。
なんとか10位以内を狙ったのですが、10位が2回で
あとはほとんど真ん中くらいの順位でした・・・。まだまだですね

それにしても、常に1位・2位だった部屋主さんはレベル200とはいえ次元が違いました。
いったいどんな装備をしたらあんな圧倒的な強さになるのかしら。一度見せてもらいたい笑

参戦において注意したいのは「時間」とBPです。
30人分の金印を使った連続30戦なので時間とBPがかかります。
1戦あたり準備も含めて2~3分くらいかかったので、30戦で1時間強。
BPは1戦で5個使うので30戦で150BP使います。APは自分の分80が必要なだけです。
なので、時間とBPに余裕があるときに挑戦しましょう。

ラスト30戦目に画面が「おつかれさまスタンプ」でいっぱいになった時はびっくりしました笑
まさに「共闘」の気分を味わえた瞬間でした


結果、「黒曜石の札」は56枚。1枚でよかったんですけどね笑
まだまだ「玄武」の武器や黒麒麟の武器でも黒曜石の札は必要になるのでまぁいいでしょう。
今はそっちに手を出す余裕はありませんが。


そして、集めた「西白の霊宝」「黒曜石の札」を使って、秘文書と交換します。


秘文書は3種類ありますが、今回は「王」を選択しました。
これはクリティカル率アップになります。


攻刃Ⅱと技巧の組み合わせで攻撃力アップ。
もっている土属性のキャラが少ないので武器の強化をして強くしていきます。
これで「ガブリエル戦」が少しでも楽になるといいけど


白虎咆拳・王」の完成です。かっこいい。


四象降臨は30日まであるので、
いつ補充されるか分からないヒヒイロカネのためにクロム鋼を集めるか、
「玄武甲槌(玄武斧)」のスキル追加のために
印符を集めレベル120の亀さんとソロバトルをするか、
金印はまだ1つあるけど更に黒麒麟・黄龍と対戦するために全種類の印符を多く集めるか、

まだまだ四象降臨はやることがたくさんできてしまったので、
少しでも次に楽できるように残り時間頑張ろうと思います。



うーん、でもまぁ今回はこれで満足かな(たぶんやらない)






コメント

ユエルフェイト

2017-10-28 | グラブル

さっそくユエルのフェイトが出ました。


関西弁がとても可愛らしいです。
そういえばリリカルなのはの「はやて」も関西弁でしたね。確か。たぶん。
元気な声を聞いてるだけで楽しくなってきます
購入してよかった。

今はまだ強くはないですが、すでに十天衆の「エッセル」と
スタメンを交代して使っています。回復がいい感じで役に立ちます。
攻撃力はだいぶ他のキャラに追いついてきた感じでしょうか。まだ弱いですけどいいんです。
編成では、「パーシヴァル」「マギサ」なんかと相性がいいようですが、
私は是非ケモミミで揃えたい


フェイトエピソードで出てきた「ソシエ」
悪人にホイホイついて行っちゃうチョロエルーンで、
ユエルもそんなソシエが心配で仕方ない様子。かわいい。
ユエルは大阪弁っぽいけど、ソシエは京都弁っぽい?
大人しい大阪弁なのかしら(?)
って、ちょっと調べたらどちらも京都弁らしい

元気な関西弁が「大阪弁」で
大人しい関西弁が「京都弁」だと思ってた(すっとぼけ)


でも水属性か~なんて思っていたら火属性のソシエもいるそうで、
これはなんとしても「ユエル」「ソシエ」「メーテラ」でケモミミパーティ作らなきゃ

火属性のエルーンは他にも「ヘルエス」と「アンスリア」がいて
こうやって調べてみると火属性は他と比べて豪華な感じがします。
ヒューマン族も充実していますしね。

あ、エッセルもエルーンでした
サラーサといい、どちらも影が薄くなったなぁ・・・。
最終上限解放してまた光り輝かせてあげたいのですが、
ごめんね、駄目な団長で


コメント

白虎の試練(Lv120)

2017-10-27 | グラブル

ムフフ。とりあえずヒヒイロカネげっと。


このまま、次に補充された時のためにクロム鋼を
取れるだけ取るつもりでいたのですが、
四象をある程度楽に倒せるようになったので
少し難関なソロバトルに挑戦してみることにしました。


黄龍や黒麒麟のことは興味がなかった、というか
高レベルの人がやるもんだと思っていたので
この「印符」も武器関係でしか使ったことはありませんでした。

「印符」は四象分あって、「四象の試練」にチャレンジするには
対応した印府を1つ使います。
私は土属性が弱いので「白虎咆拳」を鍛えるためにこの
白虎印符」を使って、レベル120の白虎とソロで戦います。


編成はこのように。白虎は土属性なので有利属性の「風」属性で戦います。
武器がかなり心もとないですが、他に対応した武器なかった・・・。
はやく「四天刃」を全属性分作らないとですね。無理ですけど。


当然ですが、かなり強かった
1回目は試しにという感じで挑みましたが、エリクシールを1個使う羽目に。
一応下調べはしていたんですけどね・・・。
2回目はスタメンのネツァとニオちゃんを交代。これでだいぶ楽に。
「昏睡」恐るべし。


これが2回目の報酬。2回目はなんとかエリクシールなしで倒すことができました。
が、比較的攻撃力の高い風編成でこれだけ苦戦したので
他の属性、特に土や火属性での対戦はまだまだ先になりそうです

2回対戦して、画像右端の「西白の霊宝」を必要分集めることができました。


「白虎咆拳」を強化するには「秘文書」が必要なのですが、
その秘文書は、「西白の霊宝」5個と「黒曜石の札」が1つ必要。
「黒曜石の札」は黒麒麟戦でドロップするので、
次は黒麒麟と戦うために必要な「四象金印」を手に入れます。

「四象金印」は四象の印符4種1つずつ、計4つと交換して手に入れられます。
黄龍・黒麒麟戦は少し特殊なマルチ戦なので
しっかりとした下調べ・下準備をしてから臨もうと思います。

四象降臨は30日まで開催されますが、今回はクロム鋼と交換するのはやめて
今後のために印符4種を交換できるだけ交換することにします。

とりあえず「四象金印」2個分頑張るぞ


コメント

メンテナンス終了

2017-10-26 | 艦これ




メンテナンス後、朝雲&山雲が衣装替え。
ハチマキ姿が可愛らしいですね

そして改二実装はやはり「満潮」でした。
改装設計図がいらないのは嬉しいですが、
つい最近レベル上げを始めた私の満潮が改二になるのは遥か先


そして運営から

来たるべき「艦これ」秋イベント2017:期間限定海域は、来月展開予定です。
同秋イベと続く今冬実施予定の冬イベは、
連続して一つの大きな海戦をモチーフとした作戦展開を予定しています。
秋イベ(前篇)、そして冬イベ(後篇)となる作戦展開。
前篇となる本秋イベは、来月開幕予定です!


満潮の改二実装、朝雲&山雲の衣装替えということでスリガオ、
つまり次のイベントは「レイテ沖海戦」という話がちらほら。
秋冬連続なのでそれくらい大きな戦いになるのでしょう。
武蔵、不幸姉妹、瑞鶴、ちとちよなど多くの船が沈み失われた戦い。
大小さまざまな戦いもあったので
秋イベントが中規模としたら3~5海域、
冬イベントが大規模で6~7海域といったところでしょうか。

武蔵の沈んだシブヤン海
不幸姉妹や満潮、上画像の朝雲&山雲のいた「西村艦隊」が壊滅したスリガオ海峡、
瑞鶴、瑞鳳の沈んだエンガノ岬沖、
栗田艦隊の反転で有名なサマール沖など。

秋冬連続のこれまでにない新しいイベントの形なので
普段ならわくわく感でいっぱいなのに、今回あまり乗り気じゃないのは
資源の少なさと夏イベで心身ともに疲れてしまったから笑
ま、「乙」でいいかなというくらいのやる気はありますが。


秋イベは乗り切れても冬イベこそ資源切れでリタイアしそう

正直、ほどほどにして欲しい。


コメント