ぶちょうほうのさんぽみち(旧名:「気ままに野山」)

亭主「ぶちょうほう」の歩き回りで見た、身近にある風物や、野山の景色などをお楽しみください。

3/28日 葦毛湿原と背後の稜線を孫と”春の遠足”。(下の段):ヒロハノアマナ イチゲキスミレなど

2017-03-30 07:53:49 | 草花
この日は申し分の無いような快晴でしたが、遠くの眺めは微妙に春霞のようなヴェールが掛り、その点が残念でありました。
期待していた富士山の眺めも無理だったようで、それが得られるはずの座談山までは足を延ばしませんでした。
そのほかにギフチョウを見ることが出来るかということも期待していましたが、それも成りませんでした。

しかし、稜線上で楽しみにしていた花には出会えていますので、こちらに出かけて来た甲斐はありました。

カンアオイ ↓

昔はいたるところで見られたカンアオイも、随分数を減らしてしまいました。探しながら歩いてやっと花の付いた株を見つけました。



カタクリ(蕾) ↓

カタクリの群生地からは離れた場所にある株は、おそらく誰かが移植したのでしょうね。
この株は未だ蕾です。



ヒロハノアマナ ↓

昔は稜線上の複数の場所で生育していたと聞きますが、今ではロープで立ち入り制限しているこの場所でのみ花を見ることが出来ることになりました。



イチゲキスミレ ↓

黄色く咲くスミレは低山では珍しいと聞いています。愛知県ではここでだけ咲くようです。



ミツバツツジ ↓

地を這うような実に背丈の低い木でしたが、奇跡的に花がついていました。でもこれだけが例外で、他ではまだ咲いては居ません。



マキノスミレか? ↓

今回は稜線上でこのスミレをよく見かけました。



ヒトツバ ↓

稜線の風通しの良さそうな半日蔭の岩場でこのシダ植物をよく見かけます。



カタクリ ↓

群生地から離れた場所で咲いている一輪を見ました。



最後の岩稜 ↓

NHKの中継所のある場所にカタクリの群生地があります。そこを目指して最後の部分を歩いて行きます。青空が綺麗ですが、これでいて遠くの眺めは霞んでいます。



カタクリ ↓

カタクリの群生地に来てガッカリしました。あの特徴のある葉がほとんど見られず、花は見当たらないと言っても良いほどの、ほとんどハゲ地状態です。
これはシカの食害か何かなのでしょうね。見つけた花を撮りますが、大いに気落ちしています。



浜名湖 ↓

浜松方面に少しだけ視界が開けています。



激下り ↓

NHK中継所から、下山することにしました。山腹の巻き道目指して激下りしていきます。



巻き道 ↓

今度はやや長めの巻き道を歩きます。



一息峠 ↓

下山途中の峠路で小休止を入れます。



バイケイソウの群生地 ↓

沢沿いに下りて行きます。途中にバイケイソウの群生地がありますが、花は未だ先です。



湿原に戻る ↓

湿原に戻って来ました。来た時とは違うところを歩くようにします。



ショウジョウバカマ ↓




ハルリンドウ ↓

上のショウジョウバカマもこのハルリンドウも今回の見納めです。
ハルリンドウは日が照っていないと花を開いてはくれません。この日は朝も帰りがけも常に開いた花を見せてくれています。



ヒサカキ ↓

ヒサカキに小粒な花がついていました。



ヒメオドリコソウ ↓

最近では久しぶりに群生を見ました。



歩行数 ↓

もう一歩あるけば、きれいな順列になったところですね。孫たちも頑張りを見せてくれました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 3/28日 久しぶりに歩いた葦... | トップ | 4/1~4/2 群馬と埼玉に遠出... »

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
家族サービス (こりん)
2017-03-30 19:26:45
こんばんは
お孫さんの運動と、ぶちょうほう様の花探し両方共成功したようですね!
カタクリは少なかったのですか?やはりシカの食害ですか。
昔は弓張山地にはシカはいなかったのですが、今では何処でもいます。
イチゲキスミレが咲き出しましたね。見に行かなくてはと少し焦っています。
こりん様へ (ぶちょうほう)
2017-03-30 20:10:59
こりん様 こんにちは コメントを頂きましてありがとうございます。
山を歩きたがるのは小生のみで、孫や山の神様は渋々ついて来るといったところのようです。

しかし、いざ現地について歩き始めてしまうと、そのことに心身が喜んでいるようで、皆が等しく楽しめたと思えます。

中継所のところのカタクリが激減しており、これほどまでにひどいのは人為ではなくてシカの食害に違いないと思いました。
他の場所でも激減しており、これは早急な対策が必要ですね。

イチゲキスミレは比較的長持ちすると思いますので、適当な暇を見つけられて行ければよいのですが・・・。
はじめまして (キナコまま)
2017-03-30 22:16:44
ぶちょうほうさん、
実は私も山歩きが大好きで しかも 植物も大好きなのです。
ひとつひとつの名前を確かめたり 珍しい植生を観察したり
ぶちょうほうさんと重なるところがあって
共感しています。 燦さんのところから 来ました。
時々覗かせていただきますね〜
どうぞよろしく!
キナコまま様へ (ぶちょうほう)
2017-03-31 07:39:32
キナコまま様 初めましてこんにちは。
山歩きがお好きな方と聞いて、だいぶ共鳴できる部分がありそうですからうれしく思います。
これからは花が咲きそろいますので、歩くのが楽しみですね。

燦様とはもう10年以上のお付き合いになっています。
ダルメシアンの温和な可愛い奴でしたね。

今後もこちらこそよろしくお願いいたします。
こんにちは (多摩NTの住人)
2017-03-31 07:59:59
お孫さんたちと楽しい山歩きでしたね。きっと情操豊かになられると思います。
多摩NTの住人様へ (ぶちょうほう)
2017-03-31 10:23:56
多摩NTの住人様 こんにちは コメントを頂きましてありがとうございます。
お天気が良かったので、それが一番のもてなしでした。
屋外で炊事して、温かいものを食べるのは子供たちにとっては新鮮で楽しかったと思います。
普段の生活とは違った何かを経験できればと思っています。
家族での山歩き (keitann)
2017-03-31 15:57:06
ぶちょうほう様、こんにちは。

お孫さんや奥様もそろっての湿原歩き、楽しそうですね。
お孫さんにとっても良い経験だったことでしょう。

カタクリだけでなくイチゲキスミレやハルリンドウまで咲き、羨ましいような場所ですね。近くならぜひ訪問したいところです。
当方も昨日は愛媛の山にトサコバイモ散策でしたが、標高1000mはまだユキワリイチゲとトサコバイモ、アオイスミレぐらいしか見られませんでした。
でも、バイケイソウの芽吹きも見てきましたよ。
keitann様へ (ぶちょうほう)
2017-03-31 21:21:22
keitann様 こんにちは コメントを頂きましてありがとうございます。
今回は孫よりも大人の方が楽しんだのかもしれませんね。
年が若いうちは山歩きや草花にはなかなか楽しみを見つけられないのではないでしょうか。

この場所は里山と言えるようなところで、その域内に、湿原や丘陵地があるので、植生の変化を楽しめます。
また、ここにしかないような種類もありますので、この地の人たちには人気の場所なんです。

御身は四国ならではの草花を探訪されたようですが、今年の春花の陣は少し遅めなのでしょうか。
そうなると今後は開花が加速されそうで、気が抜けなくなりますね。
大収穫 (山ちゃん)
2017-04-01 21:43:03
ぶちょうほうさん、今晩は!
久し振りの山歩きがお孫さんと奥様とは、団らんの雰囲気が伝わって来るようですね。
それにしても、春の花から希少な花まで羨ましいようなレパートリーが揃いましたね。
山の面白さ (ふらっと)
2017-04-01 22:39:55
お孫さん 大きくなられましたね。
多分、20代半以降になって祖父が連れて行った山の面白さが判るのではと思います。
湖西アルプスに鹿ですか。
昔はいなかったのに。何とかしなければいかんですね。
イチゲキスミレやカタクリがずっと見ることが出来るよう応援しなければ。

コメントを投稿