家族を見つけたい猫ちゃん

保護猫達の家族を探します。
地域猫活動、TNRした猫達、保護猫、我が家猫も紹介します。

地域猫活動現場に子猫

2018年07月07日 | 日記

地域猫活動現場では、餌やりをする事で、新しく入ってくる猫の把握が出来ています。

ほとんどが、流れ者のオスです。 

全頭手術済の猫は、日頃、穏やかに暮らしていますので、未手術猫は脅威となります。

その中で、地域猫達に認められた猫も出てきますので、居ついてしまいそうな猫は手術を検討しています。 1頭居つきそうなんです。

 

最近、ボランティアによって、三毛の子猫が目撃されました。手分けして探してくださいましたが、2度目撃されたけれど、それ以降の足取りが掴めないということで・・・・

行って来ました・・・

捕まえた子猫は、誰にも目撃されなかったキジ白、一徹君・・950g

捨てられたか? 母猫が連れてきているのか? 迷いこんだか?

母猫らしき姿が見当たらない。 迷いこんだなら、近隣で産まれたはずなのに、それらしき猫もいない。

最近、地域猫活動に反発する人達が、他所から猫を連れてきて、困らせようとしている・・・との噂も聞きました。 あくまで噂で、そう簡単に出来るものではありません。

目撃された子猫と違うので、

もう一度、行ってきました・・・

すみちゃん、850g、大泣きも威嚇もしない大物です。

その後、写真を送って、こんなの捕まりましたあ~報告をしたら、三毛はとても白っぽい子だった・・・ですって!

もう一匹いる

今のところ、忙しく、捜索に行けません。

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 子猫シーズン | トップ | 捜索に行けない »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿