現代児童文学

国内外の現代児童文学史や現代児童文学論についての考察や論文及び作品論や創作や参考文献を、できれば毎日記載します。

旅情

2018-10-12 17:38:18 | 映画
 1955年のアメリカ映画で、メロドラマの古典(特に、ラストの駅のホームでの別れのシーン(女性を乗せて走り去っていく列車を、男性がホームを走って追いますが、わずかに届きません)が有名です)です。
 アメリカ人の中年独身女性(当時はハイミスと呼んでいました。彼女は38歳という設定なのですが、当時としては十分に中年でした)が、ヨーロッパ旅行の終わりのヴェネツィア(当時は、日本ではベニスと呼ばれていました)でイタリア人の中年男性(大きな子供が二人いますが、妻とは別居中)と恋に落ちます。
 物語としてはとっくに賞味期限が過ぎているのですが、監督のデヴィッド・リーンが鮮やかに切り取った60年以上のヴェネツィアの風景は、今でもとても魅力的(きっと実際のヴェネツィアも、当時の方が美しかったのでしょう)で、海外旅行なんか想像もできなかった当時の日本人には夢の中の世界ですし、アメリカ人を除くほとんど世界中のすべての人も同様で、アメリカ人にしても海外旅行できるのはごく一部の人だけだったので、甘いテーマ曲とともに世界中で大ヒットしました。
 
旅情 [Blu-ray]
クリエーター情報なし
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
『本(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« よしもとばなな「天使」さき... | トップ | ギルバート・グレイプ »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画」カテゴリの最新記事