現代児童文学

国内外の現代児童文学史や現代児童文学論についての考察や論文及び作品論や創作や参考文献を、できれば毎日記載します。

地下室のメロディ

2018-06-14 19:22:20 | 映画
 1963年のフランス映画です。
 老ギャングが引退する最後の仕事に、若い相棒と組んでカジノの金庫を狙います。
 白黒映画ですし特撮の手法も非常に古いのですが、バックに流れるしゃれた音楽と粋な会話やテンポのいい演出は、今見ても少しも古びていません。
 当時もフランスの新旧二大映画スターの共演が話題になりましたが、ジャン・ギャバンの渋い演技とアラン・ドロンの若々しい魅力が全編に溢れています。
 特に、プールの中に隠したカバンが開いてしまい、中のお札が次々に浮き上がってプール一面に広がる有名なラストシーンは、一攫千金を狙った二人のはかなさを象徴していて鮮やかです。

<初回限定生産>地下室のメロディー Blu-ray
クリエーター情報なし
紀伊國屋書店
『本(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 大江健三郎「この惑星の棄て... | トップ | 6月14日(木)のつぶやき »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画」カテゴリの最新記事