現代児童文学

国内外の現代児童文学史や現代児童文学論についての考察や論文及び作品論や創作や参考文献を、できれば毎日記載します。

藤野可織「おはなしして子ちゃん」おはなしして子ちゃん所収

2018-06-15 08:20:17 | 参考文献
 ホラー仕立てで、いじめや家庭崩壊を描いていますので、広義の児童文学といえるかもしれません。
 従来の作者の作品よりは、かなりエンターテインメントの方向へ舵を切っていますが、本離れ、文学離れの進んだ現代(大人だけでなく子どもの世界も同様ですが)への風刺も内包しています。

おはなしして子ちゃん
クリエーター情報なし
講談社
『本(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 6月14日(木)のつぶやき | トップ | カサブランカ »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

参考文献」カテゴリの最新記事