現代児童文学

国内外の現代児童文学史や現代児童文学論についての考察や論文及び作品論や創作や参考文献を、できれば毎日記載します。

池井戸潤「銀翼のイカロス」

2018-06-11 08:36:27 | 参考文献
 大人気の半沢直樹シリーズの第四弾です。
 今度の相手は、航空会社の債権問題で暗躍する再建屋の弁護士、政権交代直後の未熟な政治家たちです。
 明らかに、日本航空の再建問題や民主党による政権交代時のゴタゴタを参考にしています。
 登場人物のモデルが目に浮かぶようでそれはそれで面白いのですが、カリカチュアが過ぎて問題が個人の資質へと矮小化されていて政治風刺としては物足りません。
 もちろん、半沢直樹を初めとしたお馴染みのメンバー(銀行内部だけでなく、金融庁の黒崎も)の活躍は楽しいのですが、小説のオリジナルのキャラクターよりも、テレビドラマで俳優たち(堺雅人、及川光博、北大路欣也、滝藤賢一、吉田鋼太郎、片岡愛之助など)が演じたキャラクターに寄せて書いている感じがしました。
 その方が、テレビドラマを見た後で読み始めた新しい読者(私もそうですが)には受けるし、読みやすいのでしょう。

銀翼のイカロス (文春文庫)
クリエーター情報なし
文藝春秋
『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« アバウト・ア・ボーイ | トップ | 6月11日(月)のつぶやき »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

参考文献」カテゴリの最新記事