現代児童文学

国内外の現代児童文学史や現代児童文学論についての考察や論文及び作品論や創作や参考文献を、できれば毎日記載します。

広越 遼「未来人」あける29号所収

2018-05-23 08:58:43 | 同人誌
 将棋好きの中学生の少年が、その将棋を教えてくれて今は認知症で主人公もわからない(若い頃のおじさんだと思っている)祖父との心の交流を描いています。
 ちょっと独特なキャラクターの将棋部の先輩の機転(二人が未来人で、ここにいるのは成長した主人公(祖父は未だに幼児だと思っている)だと祖父に理解してもらって、現在の主人公を認識してもらいます。
 主人公と祖父が昔のように将棋を指すシーンが感動的です。

メロディー・ストーリーズ (童心社・新創作シリーズ)
クリエーター情報なし
童心社
『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 児童文学同人誌の合評会に作... | トップ | 荒木せいお「ゴジラになりた... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

同人誌」カテゴリの最新記事