現代児童文学

国内外の現代児童文学史や現代児童文学論についての考察や論文及び作品論や創作や参考文献を、できれば毎日記載します。

高山英香「小さなかたつむり」横丁のさんたじいさん所収

2017-11-15 15:25:32 | 作品論
 弟と一緒にかたつむりを飼うことになった小学三年生の女の子の話です。
 かたつむりの世話や生命力を通して生きることの大切さに気づく少女の成長を、なかなかできない逆上がりの練習や周囲の人たちと関係も絡めて描いています。

横丁のさんたじいさん (鈴の音童話)
クリエーター情報なし
銀の鈴社

『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 古田足日「児童文学研究の課... | トップ | 11月15日(水)のつぶやき »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

作品論」カテゴリの最新記事