現代児童文学

国内外の現代児童文学史や現代児童文学論についての考察や論文及び作品論や創作や参考文献を、できれば毎日記載します。

現代における少女小説の位置づけ

2018-10-15 08:45:39 | 考察
 他の記事でも書いたように、現在の児童文学の読者の大半は女性です。
 女性といっても、従来の読者だった子どもたちだけでなく、若い女性たちや最近では年配の女性たちも読者対象に含まれます。
 そのため、現在の児童文学の主流になっているエンターテインメント(女性向けとしては、ラブコメ、お手軽ファンタジー、ユーモア小説などがあげられます)だけでなく、50年代から90年代ぐらいまでは児童文学の主流であった「現代児童文学」(定義は他の記事を参照してください)のような純文学的作品も今でも商品として成立しています。
 そういった作品では、昔も今も、女の子たちの繊細な感覚をビビッドに描いたものが商品になりやすいようです。

少女小説事典
クリエーター情報なし
東京堂出版
『本(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 10月13日(土)のつぶやき | トップ | 10月15日(月)のつぶやき »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

考察」カテゴリの最新記事