現代児童文学

国内外の現代児童文学史や現代児童文学論についての考察や論文及び作品論や創作や参考文献を、できれば毎日記載します。

フィフス・エレメント

2019-01-09 11:48:15 | 映画
 1997年に公開されたリュック・ベンソン監督のSFコメディです。
 ブルース・ウィルスの髪の毛がまだ残っていて、ミラ・ジョコヴィッチもあまり怖くなくてかわいらしかった時代です。
 SFX全盛の現在から見ると、宇宙の映像などはかなりチャチイのですが、コメディとしては結構よくできていて観客を飽きさせません。
 最近のSF映画はまず映像ありきで、テーマパークのアトラクションのような楽しさはあっても、肝心のストーリーの方がいまいちなことが多いのですが、このころの作品はまだまだストーリーの方が主体なので、私のようなオールドファンでも楽しめます。
 
フィフス・エレメント [DVD]
クリエーター情報なし
角川書店
『本(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 1月7日(月)のつぶやき | トップ | 1月9日(水)のつぶやき »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画」カテゴリの最新記事