現代児童文学

国内外の現代児童文学史や現代児童文学論についての考察や論文及び作品論や創作や参考文献を、できれば毎日記載します。

宮沢賢治「鹿踊りのはじまり」注文の多い料理店所収

2018-08-18 09:51:12 | 作品論
 岩手県、宮城県を中心に東北地方各地(東北以外でも愛媛県などに同様の踊りがあるそうです)に伝わる伝統芸能である鹿(しし)踊りの起源について、賢治らしい想像力を膨らませて描いています。
 実際の鹿踊りの起源がどのようなものであるかは明らかになっておらず、念仏踊りなどの仏教系や山伏が介在する神道系など諸説ありますが、東北の農民の自然観、労働観、宗教観などが一体となって生まれたものと思われます。
 賢治は、自然の代表としての鹿たちと農民の代表である嘉十とが踊りや歌を通して次第に一体化していく様子を描くことで、それらを表現しています。
 特に、鹿たちが土地の言葉を話すことが、嘉十との融合を自然なものにしています。
 童話の手法としては、この作品集の他の作品でも使われている、子ども読者の大好きな繰り返しの手法(これは、民話などの語りでも使われている手法です)が有効に使われていて、鹿たちと嘉十だけでなく読者たちも踊りや歌に参加できるようにしています。
 私自身は、四十年ほど前に、岩手県北上市で鹿踊りを見たことがあるだけなので、賢治が親しんであろう花巻地方のそれとどこまで一緒なのかはわかりませんが、太鼓踊りと獅子舞が融合したような迫力のあるものでした。

注文の多い料理店 (新潮文庫)
クリエーター情報なし
新潮社
『本(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« いつも心に太陽を(TO SIR, W... | トップ | 8月18日(土)のつぶやき »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

作品論」カテゴリの最新記事