現代児童文学

国内外の現代児童文学史や現代児童文学論についての考察や論文及び作品論や創作や参考文献を、できれば毎日記載します。

小沢正「きばをなくすと」目をさませトラゴロウ所収

2018-09-17 18:24:04 | 作品論
 トラゴロウは、遊んでいるうちに右のきばをなくしてしまいました。
 そのために、「うちの子じゃない」と、おかあさんに家を追い出されてしまいます。
 しかたなく、トラゴロウは右のきばを探しに出かけます。
 きばが片方しかなくて普段の力を失ったトラゴロウは、にわとりにみみずを、ぶたにくさったじゃがいもを、ひつじにかれくさを、きこりときこりのおかみさんにトラゴロウのきばでだしをとったスープを、嫌々ながらに飲まされます。
 最後に、右のきばを取り戻して口にはめたトラゴロウは、普段の力を取り戻して、きこりときこりのおかみさん、ひつじ、ぶた、にわとりを次々に一飲みにしてしまいます。
 満腹して家に戻ったトラゴロウに、おかあさんはびっくりして、「そ、そんなに いっぺんに たべると おなかを、こわしますよ」って、言えただけでした。
 力を失ってみんなに嫌な目に合わされていたトラゴロウが、力を取り戻してみんなを食べまくる姿は痛快です。
 でも、そうした魅力的なお話の中に、「自分とはなんだろう?」「他人が評価する自分とは?」といった子どもだけでなく大人でも日常で直面するシリアスな問題への問いかけが、巧妙に潜まされています。

目をさませトラゴロウ (新・名作の愛蔵版)
クリエーター情報なし
理論社



『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« マージョリー・ワインマン・... | トップ | 9月17日(月)のつぶやき »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

作品論」カテゴリの最新記事