現代児童文学

国内外の現代児童文学史や現代児童文学論についての考察や論文及び作品論や創作や参考文献を、できれば毎日記載します。

ミスター・インクレディブル

2018-08-11 20:47:25 | 映画
 2004年のアカデミー長編アニメ映画賞を受賞した作品です。
 2018年に公開された続編の「インクレディブル・ファミリー」と比べると、CGの技術はかなり古いですが、普通の人間になろうと苦悩するスーパーヒーローたちの苦悩は良く描けています。
 また、家族全員のスーパーパワーがバランスよく描かれていて、母親(イラスティ・ガール)に偏っていた「インクレディブル・ファミリー」よりも楽しめます。
 赤ちゃんのジャック=ジャックがパワーに目覚めるのも、続編(実際には14年かかりましたが)を期待させています。
 なお、ラストシーンは、「インクレディブル・ファミリー」の冒頭の部分につながっています。

Mr.インクレディブル (吹替版)
クリエーター情報なし
メーカー情報なし
『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 丸尾美保「大正期におけるロ... | トップ | 8月11日(土)のつぶやき »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画」カテゴリの最新記事