現代児童文学

国内外の現代児童文学史や現代児童文学論についての考察や論文及び作品論や創作や参考文献を、できれば毎日記載します。

倉本 采「おいで、ラック!」あける27号所収

2019-01-11 18:46:04 | 同人誌
 先天性内反足で右足が不自由な四年生の男の子が、リハビリのために飼いはじめたミニュチュアダックスの子犬をめぐって、いろいろな体験をする話です。
 限られた紙数の中にいろいろな素材が持ち込まれているのでやや未消化ですし、大人目線の教訓臭さがぬぐえない点は残っていますが、もっと書き込んでいけば十分に一冊の本にできると思います。
 先天性内反足のよる尖足とそのリハビリ、八人制サッカー(2011年から日本でも導入されたU12世代(主に小学生)向けのサッカー)、にせブリーダー問題、動物虐待、動物愛護、子犬の病気など、今日的で興味深い問題がたくさん扱われていて、現在の日本の児童文学に決定的に欠けている社会性を持った作品です。

小学生の8人制サッカー最強の戦術 (コツがわかる本!)
クリエーター情報なし
メイツ出版
『本(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 1月10日(木)のつぶやき | トップ | 1月11日(金)のつぶやき »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

同人誌」カテゴリの最新記事