現代児童文学

国内外の現代児童文学史や現代児童文学論についての考察や論文及び作品論や創作や参考文献を、できれば毎日記載します。

J.D.サリンジャー「途切れた物語の心」若者たち所収

2018-09-07 08:58:53 | 作品論
 ここで、サリンジャーは「若い男が若い女と出会う」物語(いわゆるA boy meets a girl的物語ですね)で、二人の出会いをどのように書くかで悩む作家を描いています。
 三文ドラマ的なくだらない出会いのパターンをいくつか紹介しながら、だんだん現実的な出会いを描いていきますが、最後は実際にはそんな理想の女の子に出会っても一瞬の心の動きだけで行動にはつながらず、しばらくの間はその女の子は心の中に残っているが、やがて日常の中に埋没してしまうと述べています。
 まさに、現実(自分の経験も含めて)はサリンジャーの言う通りなのですが、それだからこそ「若い男が若い女と出会う」物語(最近はその逆の「若い女が若い男に出会う」物語の方が多いかもしれません)は、今でも小説やマンガや映画やテレビドラマやアニメやゲームなど(その大半は三文ドラマだとしても)でたくさん描かれているのでしょう。

サリンジャー選集(2) 若者たち〈短編集1〉
クリエーター情報なし
荒地出版社
『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 津村記久子「我が家の危機管... | トップ | 9月7日(金)のつぶやき »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

作品論」カテゴリの最新記事