現代児童文学

国内外の現代児童文学史や現代児童文学論についての考察や論文及び作品論や創作や参考文献を、できれば毎日記載します。

甘い生活

2017-12-22 10:15:26 | 映画
 1960年公開のイタリア・フランス合作映画です。
 巨匠フェデリコ・フェリーニ監督が、マルチェロ・マストロヤンニの演じるゴシップ記者の目を通して、ローマの、特に上流階級の退廃した生活を描いています。
 1950年代のフェリーに作品と違って、社会批判や風刺の力は弱くなっていて、フェリーニ好みの絢爛たる映像美が目を引きます。
 この変化の象徴として、かつては私生活でもパートナーのジュリエッタ・マシーナのような決して美人でない演技派の女優が主人公だったのに対して、この映画にはたくさんの美人女優が出演しています。
 中でも、アニタ・エグバーグ演ずるアメリカ女優は群を抜いてゴージャスで、彼女とマストロヤンニが、あのトレヴィの泉で戯れるシーンは有名です。
 ちなみに、有名人を追い掛け回すゴシップカメラマンのことをパパラッチと呼ぶようになったのは、この映画で同様の仕事をしている男の役名パパラッツィオからきていると言われています。
 
甘い生活 Blu-ray
クリエーター情報なし
IVC,Ltd.(VC)(D)
『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 12月21日(木)のつぶやき | トップ | 12月22日(金)のつぶやき »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画」カテゴリの最新記事