現代児童文学

国内外の現代児童文学史や現代児童文学論についての考察や論文及び作品論や創作や参考文献を、できれば毎日記載します。

イタロ・カルヴィーノ「スーパーマーケットのマルコヴァルドさん」マルコヴァルドさんの四季所収

2018-07-11 09:11:39 | 作品論
 今回は、大量消費時代に対する風刺です。
 仕事が終わると、人々は勤労者から消費者に代わります。
 その大量消費の象徴として、ここではスーパーマーケットが描かれています。
 この作品が書かれた1963年ごろに、イタリアにおいてそれらが発展していたのでしょう。
 訳者の安藤美紀夫はカートのことを手押し車と訳していますから、日本(少なくともそのころ彼が住んでいた北海道)では、翻訳された1968年にはまだあまり一般化されていなかったのかもしれません。
 その後、ダイエーやイトーヨーカドーなどの大型スーパーマーケットが大成功を収めますが、1990年代にバブルが崩壊して大量消費時代が終焉すると、ダイエーなどの経営が破たんしたのはご存じのとおりです。
 マルコヴァルドさん一家もスーパーマーケットに出かけますが、買い物のためではありません。
 お金のない彼らは、何一つ買えないからです。
 マルコヴァルドさんたちは、一人一人がそれぞれのカートを押して広大なスーパーマーケットの売り場をめぐって、他の人たちと同じような買い物の雰囲気を味わおうというのです。
 しかし、カートを押しているうちに夢中になってきた彼らは、手当たり次第に品物をカートに放り込んで山盛りにしてしまいます。
 でも、行く手には会計のレジスターが待ち受けています。
 店内を右往左往するマルコヴァルドさん一家が大騒動を繰り広げます。

マルコヴァルドさんの四季 (岩波少年文庫)
クリエーター情報なし
岩波書店
『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« Dedicated Writer | トップ | 7月11日(水)のつぶやき »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

作品論」カテゴリの最新記事