現代児童文学

国内外の現代児童文学史や現代児童文学論についての考察や論文及び作品論や創作や参考文献を、できれば毎日記載します。

ロッキー2

2018-04-18 10:06:13 | 映画
 1979年に作られたロッキー・シリーズの二作目です。
 大ヒット作品のシリーズ化は、国の内外を問わずに良く行われますが、それが人気シリーズになるかどうかは、第二作の出来にかかっていることが多いです。
 そういった意味では、この作品は成功例の一つでしょう(他に、「スター・ウォーズ」、「ダイ・ハード」、「エイリアン」なども二作目も優れていて、シリーズが続く要因になりました。失敗例としては、「バック・ツー・ザ・ヒューチャー」や「ジョーズ」や「ジュラシック・パーク」などがあげられるでしょう)。
 一般的には、前作で観衆にうけた部分(この映画で言えば、トレーニングや試合のシーン)を拡大して誇張するのが一般的ですが、どうしてもその分人間ドラマが弱くなります。
 でも、この映画では、結婚、子ども誕生などを通して「家族のために闘う」(前作は自分の「アイデンティティの証明」のための戦いでした)という新しいテーマが打ち出せたので成功したのでしょう。
『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 少女小説における男の子の描き方 | トップ | 4月18日(水)のつぶやき »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画」カテゴリの最新記事