現代児童文学

国内外の現代児童文学史や現代児童文学論についての考察や論文及び作品論や創作や参考文献を、できれば毎日記載します。

黙読か、音読か

2018-09-14 08:43:31 | 考察
 絵本や幼年童話において、その本がどのように読まれるのかを想像してみることは有益なことです。
 これらの作品の読まれ方は、大きく分けて以下の三通りになると思われます。
 まず第一は、両親や教師などの大人が、幼い子に読んで聞かせる場合です。
 次に考えられるのは、子どもが自分自身で読む場合です。
 その時には、文字を目で追って黙読する場合と、実際に口に出して読んでみる音読の場合があるでしょう。
 こうして考えると、大人の読書と違って、情報が目から入ってくるだけでなく、耳からも入ってくる場合も多いことが分かります。
 そのため、これらの作品を書く場合には、作者自身が声に出して読んでみることをおすすめします。
 黙読して推敲した場合には気づかなかった、声に出した時の読みずらさや、音の響きの問題などに気がつくことでしょう。
 こういった作業を重ねて作品を完成させていかないと、優れた幼年文学を創造することは困難だと思われます。

 
読み聞かせわくわくハンドブック―家庭から学校まで
クリエーター情報なし
一声社
『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 9月13日(木)のつぶやき | トップ | 小沢正「一つが 二つ」目を... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

考察」カテゴリの最新記事