現代児童文学

国内外の現代児童文学史や現代児童文学論についての考察や論文及び作品論や創作や参考文献を、できれば毎日記載します。

ダウン・バイ・ロー

2018-07-29 20:29:44 | 映画
 1986年に公開されたジム・ジャームッシュの映画です。
 留置所で知り合った三人の男が脱獄し、南部の湿地帯をさ迷い歩く話です。
 題名は「ムショ仲間」と言う意味のスラングだそうですので、そのまんまの映画です。
 ストーリー自体はいい加減なものなのですが、それはどうでもいいのです。
 荒廃した風景を切り取ったモノクロ写真の連続のような映像、しゃれた会話、三人の俳優(この映画に楽曲を提供しているシンガー・ソングライターのトム・ウェイツ、「ストレンジャー・ザン・パラダイス」(その記事を参照してください)でもおなじみのジョン・ルーリー、そしてなかでも異彩を放つロベルト・ベニーニ(後に「ライフ・イズ・ビューティフル」で監督主演をして、アカデミー賞やカンヌ映画祭などの賞を総なめにしています))の魅力が、画面に溢れていて観客を引きつけます。

ダウン・バイ・ロー [Blu-ray]
クリエーター情報なし
バップ
『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 辻原登「寂しい丘で狩りをする」 | トップ | 7月29日(日)のつぶやき »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画」カテゴリの最新記事