現代児童文学

国内外の現代児童文学史や現代児童文学論についての考察や論文及び作品論や創作や参考文献を、できれば毎日記載します。

サイダーハウス・ルール

2018-05-27 09:06:12 | 映画
 孤児、里親、妊娠中絶、無資格医、薬物中毒、戦争、後遺症、不倫、近親相姦、殺人などの重いテーマが次々と描かれます。
 ジョン・アーヴィングの大部の原作と違って、商業映画という限られた時間(約二時間)に収めなければならないので、それぞれのテーマに対して未消化な感は否めませんが、ニュー・イングランドの素晴らしい風景、シャーリーズ・セロンの完璧に美しいヌード、名優マイケル・ケインの重厚な演技(この映画でアカデミー助演男優賞を受賞)だけでも、一見の価値はあります。

サイダーハウス・ルール [Blu-ray]
クリエーター情報なし
ワーナー・ホーム・ビデオ
『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 5月26日(土)のつぶやき | トップ | 鳥野美知子「ぽっこちゃん」... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画」カテゴリの最新記事