現代児童文学

国内外の現代児童文学史や現代児童文学論についての考察や論文及び作品論や創作や参考文献を、できれば毎日記載します。

高山英香「トモばあさんの味」横丁のさんたじいさん所収

2018-01-31 08:30:37 | 作品論
 1960年代後半から、高度成長時代、1970年代のオイルショックまでの時代を背景にして、小さな工場の掃除のおばあさん(次第に料理を作るようになります)と周囲の人たちとの交流を描いています。
 時代背景を明確することによって、当時の人々の暮らしや人間関係などの情景をうつしだしています。

横丁のさんたじいさん (鈴の音童話)
クリエーター情報なし
銀の鈴社

『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1月30日(火)のつぶやき | トップ | 1月31日(水)のつぶやき »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

作品論」カテゴリの最新記事