現代児童文学

国内外の現代児童文学史や現代児童文学論についての考察や論文及び作品論や創作や参考文献を、できれば毎日記載します。

宮沢賢治「水仙月の四日」注文の多い料理店所収

2018-08-13 09:05:10 | 作品論
 賢治の数多くの短編の中でも、雪の世界を美しく描いた作品としては、「雪渡り」と共に双璧でしょう。
 描写自体もこの世のものと思えないほど美しいのですが、雪の中で行き倒れた子どもを救おうとする雪童子の心の美しさもそれに負けていません。
 水仙月とは賢治の作った造語なのですが、イーハトーブ(岩手県)で水仙が咲き始める時期とすると、三月から四月ごろでしょうか。
 待ち遠しかった春はもうすぐです。

注文の多い料理店 (新潮文庫)
クリエーター情報なし
新潮社
『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 大塚英志「方程式でプロット... | トップ | 8月13日(月)のつぶやき »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

作品論」カテゴリの最新記事