細菌戦の系譜!!

2020-09-22 11:49:24 | Weblog

●日米安保条約・自衛隊を問う!!
自衛隊は、防護のためと言って、旧日本軍の細菌兵器・毒ガス兵器使用の反省・謝罪もないまま新たな生物兵器・化学兵器を作っているのだろうか??憲法9条を持ち、生物兵器・化学兵器禁止条約を批准しているにも関わらず!!


日本の毒ガス


●情報公開裁判
なぜここまでして、国は衛生学校や化学学校で作っていた機関誌を公開しないのだろうか?

・731部隊関連の「情報公開裁判」に関する報告

和田千代子(731細菌戦部隊の実態を明らかにする会事務局長)

 

第4 私達の情報公開裁判闘争の目的

 日本の侵略戦争の残虐さを象徴する「731部隊」問題について、戦後1950年代から国会で繰り返し取り上げられてきました。

 しかし現在まで日本政府は「731部隊等の部隊の存在は認める。だが同部隊が細菌戦部隊であったことを裏付ける証拠は見つかっていない」と強弁し続けています。

 このように日本政府は、731部隊が細菌戦部隊であることを裏付ける証拠を隠蔽して731部隊の加害行為の被害者に対する謝罪を拒んできました。

 

 

DEMO RESE TV「731部隊の真実part1」

 

 
・次回『衛生学校記事』情報公開裁判(第26回)東京地裁419号法廷

10月15日(木)14:00~(定員19名・・・コロナ禍?)

・次回『化学学校記事」情報公開裁判は(第16回)東京地裁?号法廷(未定)は

12月16日(水)11:00~になりました。




1957(昭和32)年7月『衛生学校第1号』発刊




 


●『BC兵器』久保綾三著(1969年)
※以下の記述から、自衛隊では、いま世界で流行している新型コロナウィルスなどの生物兵器の研究も大分以前からやっているといるのではないかと思われる。


Ⅳ 安保体制下の生物化学兵器

 

二 生物・化学兵器と階級的視点

 

生物・化学兵器の効果についての報告書(大要)

1969年7月2日

新発見により脅威増大

1、新しく、より毒性の強い化合物の発見と製造によって、化学兵器の脅威は今日では、より大きなものとなっている。一方、細菌は天然に存在し、戦争に用いるために選び出すことができる。こうした細菌のうちの一部、とりわけバクテリアは数十年前から知られている。しかし、その他にも、最近発見されたばかりのウィルスなど数知れない材料があり、そのうちのいくつかは、やはり戦争で使用され得る特徴を持っている。このような数多くのタイプの細菌の潜在的な力の増加は、微生物遺伝子、実験病理学、空中生物学における科学的、技術的進歩によってもたらされたものである。

 

 

 

 

 



●昭和天皇の戦争責任を問う!!

天皇万歳に浮かれる無責任国家  田中利幸より

重要なことは、アメリカが、日本占領支配のために、裕仁の戦争責任を隠蔽してまでも、彼の天皇としての「権威」を政治的に利用したことである。つまり、私たちが本当に問わなければならないのは、「絶対的権力を保持していた国家元首の戦争犯罪・責任の免罪・免罪の上に制定された民主憲法が、果たしてどこまで真に民主主義的であるのか?」ということである。


 


 



●昭和天皇(ハーバード・ピックス著『昭和天皇』より)

吉田裕監修 

 

2001年ピュリッツァー賞受賞

 

 

 


※昭和天皇は、平和主義者でもなんでもなかった。好戦的であり、常に軍部に色々と指示を出していた!!

戦後補償問題に国家無答責という天皇主権の明治憲法下の原則を適用するな!!
  

     



13章 遅すぎた降伏

 天皇と木戸は、天皇と皇位に対する民衆の批判が高まっていることを懸念していた。これ以上、戦争が続くのを放置しておけば、遅かれ早かれ、民衆は指導者に暴力的な反応をするのではないかというおよそ被害妄想じみた恐れを抱いていた。広島への原爆投下とソ連参戦というふたつの大きな心理的衝撃と、こうした恐れとがあいまって、昭和天皇はポツダム宣言の条件を原則として受諾することを最終的に認めたのだった。

 89日、午前1030分から午後1時にかけて、最高戦争指導会議の6名の構成員による最初の会議が開かれた。この会議では、陸軍大臣阿南惟幾、陸軍参謀総長梅津美治郎、海軍大臣米内光政、海軍軍令部総長豊田副武、外務大臣東郷茂徳、鈴木貫太郎首相が、ポツダム宣言受諾について議論することとなっていた。しかし、実際には無条件降伏ではなく、国体護持の1条件で降伏するのか、あるいは4条件で降伏するのか、をめぐり議論することになった。   

 



731部隊員が戦犯免責され、ABCC(原爆傷害調査委員会)に協力した。その結果、アメリカの原爆投下を日本政府は問うことは無く、また被爆者は、ABCCに治療されることもなかった。そして日米安保条約の下、核兵器の廃絶に日本政府は後ろ向きである!

 

日本には多くの被爆者がいるのに、日本政府はなぜ核兵器禁止条約に署名しない?

地球の温暖化や異常気象の最大の原因は、今までの2000回以上の核実験や原発事故などの放射能汚染で地球が壊れてきているからではないのか??米の原爆投下責任と核実験をしてきた国の責任を問う!!


●『二酸化炭素温暖化説の崩壊』広瀬隆(集英社新書 2010年発行)

第2章 都市化と原発の膨大な排熱

 

最悪の地球加熱装置

―原子力発電所

 

 

自然破壊の実態

 

 

 自然界にとって良いことをしたつもりでも、このように自然界の動物を苦しめることがある。「農業は樹木の伐採から始まる」という点では、農業もまた、古代の人類が最初に手を付けた自然破壊行為である。しかし一方では、適切な手入れをしない農地や山林の自然は荒廃してしまい、洪水など数々の災害をもたらす。現代人の問題は、古代人とスケールが違う大規模な自然破壊をしているところにある。 

 

 

  

 

 

 

 

 

※私が考える、今の異常気象の要因は

1、1940年代から60年代にかけて大規模に行われた、核実験による環境破壊の影響

2、都市化したコンクリート(アスファルト)ジャングルによるヒート・アイランド現象

3、その結果による、交通機関(電車・バス・乗用車・航空機・船舶)やオフィス・住居などの冷暖房による排熱

4、自動車社会の排ガス

5、原子力発電による温排水の排出・・などに拠っているのではないか?

 

 

 

 

 


コメント   この記事についてブログを書く
« 細菌戦の系譜!! | トップ | 細菌戦の系譜!! »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事