細菌戦の系譜!!

2021-10-23 11:10:42 | Weblog

この新型コロナウィルスがどこで作られたかは分からないが、細菌戦の系譜をたどると、日本は、戦時中、1925年のジュネーブ議定書を無視して、中国で細菌を製造し、細菌戦を行なった。戦後、731部隊での研究データをアメリカに渡し、731部隊員は全員戦犯免責され、アメリカは生物戦の研究を本格的に始めた。
日本政府は、中国で行った細菌戦や生体実験の事実を、(日本の裁判所は事実認定をしている)未だに隠し続け、その事実を認めていない。勿論謝罪もしない。日本軍が中国に遺棄してきた生物兵器は戦後、どのようになったのだろうか?
この新型コロナウィルスに影響しているのだろうか?
今、日本人は過去に犯した戦争犯罪を直視し、きちんと歴史事実に向き合う時ではないのか?

 

 

●細菌戦裁判資料集シリーズ・第8集(2002年10月31日)

「731細菌戦裁判・第1審判決特集号」の発行にあたって 

本書第8集は、細菌戦裁判の第1審判決(東京地方裁判所民事第18部)の後、開催された判決報告集会、記者会見、意見交換会等での発言を編集したものです。

 

 

第6部

資料・731部隊細菌戦裁判

第1審判決全文

第5 当裁判所の判断

4、日本民法に基づく損害賠償請求について(争点4)

(2)前述の通りこの旧民法は施行されず、明治29年、新たに起草された草案に基づき現行民法(第1編から第3編まで)が公布され、明治31年7月16日から施行された。現行民法にも、旧民法と同様、国の公権力の行使により他に与えた損害の賠償責任を定めた規定はなく、この点に関する特別法も制定されなかった。

 

 

 

 
 
731部隊員が多く入った国立予防衛生研究所(現・国立感染症研究所)や自衛隊などでの生物兵器の開発・研究も行われているのではないか?

     731部隊の行なった細菌戦


 

●日本政府は、731部隊の罪業を、公開せず、秘匿し、戦後全く無反省である!!最高責任者の昭和天皇も戦犯免責された!!

安倍晋三は何でこんな行動がとれるのだ??無反省のまま、ずっと生き延びられるのか??
安倍首相の731戦闘機試乗 「止まらない挑発」の非難

 

           

2013年5月12日、安倍晋三は宮城県東松島市の航空自衛隊基地を訪問して、機体番号が‘731’であるアクロバット飛行団訓練機の操縦席に座りサムズアップして写真に収まった。

           

731部隊全景(中国に於いて人体実験を繰り返し、細菌兵器を開発し、中国各地で細菌戦を行なった。)
旧満洲第731部隊軍医将校の学位授与の検証を求めます!

731部隊新発見公文書の中身とは 細菌研究を明記

 

 

 

 

 日本の中国東北侵略から90年

●『1931 満州鞍山守備兵 斉藤準太郎の日記』

 

 

「1931」斉藤準太郎の日記

 

 
二月二十三日
午前六時半起床 七時五十分射撃の為に射撃場にゆく 四日の大隊射撃競技会の予行なり 第六十三列車にて遼陽分遣上番す 巡察 第二八一列車にて張台子煙台間第十八列車帰隊
ハルピンの情景を聞く 零下十度 晴 風あり 非常に冷たし
今日は射撃があるんだ 久しぶりに照間から照星を見た。守備隊の軍人だから仕方ないさ。
遼陽分遣に上番する前に行ってくるんだ。昨日に引き換え今日はまたなんという冷たさだ。
 
身を切るようだ。半道以上ある射撃場の不便を歎ずる前に寒さの為に一切吹き飛んでします。午前八時五十分中隊の誰より先に五発を撃った。引いてやらなかった為に肩への反動が中々激しく 五発にて一発とは少々情けない。射撃終わり発射弾五発薬きょう異常なし 五点・・・ハハハハ・・・弾泥棒?でも0点の人もいるんだもの 
 
 
第六三列車にて張台子にいき煙台までの徒歩巡察 楽なようなれども夕飯を食べれない為に中々骨が折れる。張台子にて駅員の人にハルピンの話を聞き笑いを爆笑させる。本当に魔のような都らしい。満期の暁には見たいものだ。第十八列車で支那兵が骨の肉をかじっているのを見た。面白いではないか。目まぐるしい一日はかくして暮れた。明日は此の面白い様なハルピンの情景を聞いたまま書く。
 
 
 
 
軍都広島での物語

大江健三郎著

「ヒロシマノート」岩波新書(1965年発行)

 挿絵カット 丸木位里・赤松俊子『ピカドン』(1950年86日ポツダム書店発行)より

 

エピローグ 広島から・・・・・


 

 

この4月、僕は被団協の原爆被災体験資料収集と出版の事業に対して知識人による協力委員会の結成を呼びかける、一通の手紙を書いた。それは次の文章である。

≪・・・知識人が、1つの運動にコミットする時に、彼自身の個人的な志が、直接に彼の協同したいと願う対象の志に繋がるまでに、様々なクッションが挟まれて、ついには、自分の個人的な志の行方が分からなくなってしまう、というようなことが度々ありました。また、自分が一体どこまでコミットしているのか、自分の期待はどこまで達せられ、自分はどこまで責任を負っているのか、それが不分明となってしまうようなことも度々体験されたところです。

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 細菌戦の系譜!! | トップ | 細菌戦の系譜!! »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事