だらだら無気力ブログ!

だらだらと毎日を過ごす映画好きな野郎のブログ。
映画の感想や日々の思ったことを書いてます。

シン・ゴジラ

2016-08-16 00:01:15 | 映画(さ行)

日本
SF/特撮/サスペンス

    * * * * * * * *

「ヱヴァンゲリヲン」シリーズの庵野秀明が脚本と総監督、「のぼうの城」
「進撃の巨人」の樋口真嗣が監督と特技監督を務め、世界的怪獣キャラクター
“ゴジラ”を日本版としては12年ぶりに復活させた特撮アクション大作。
謎の巨大不明生物“ゴジラ”の出現という未曾有の国難に直面した現代の日本を
舞台に、全てが想定外の中でギリギリの決断を迫られる政府関係機関の緊急対応
の行方と、ゴジラに立ち向かう人類の運命を、綿密なリサーチに基づくリアルな
ストーリー展開と迫力の戦闘アクションで描き出す。
主演は「地獄でなぜ悪い」「進撃の巨人」の長谷川博己、
共演に竹野内豊、石原さとみ。そのほか大杉漣、柄本明、高良健吾、余貴美子、
國村隼、市川実日子はじめ実力派キャストが多数出演。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

東京湾・羽田沖。突如、東京湾アクアトンネルが崩落する重大事故が発生する。
すぐさま総理以下、各閣僚が出席する緊急会議が開かれ、地震や火山などの
原因が議論される中、内閣官房副長官・矢口蘭堂は未知の巨大生物の可能性を
指摘し、上官にたしなめられてしまう。
しかしその直後、実際に巨大不明生物が海上に姿を現わし、政府関係者を愕然
とさせる。
のちに“ゴジラ”と名付けられるその巨大不明生物は陸に上がると、逃げまどう
人々などお構いなしに街を蹂躙していく。
やがて政府は緊急対策本部を設置するが、対応は後手後手に。
一方、米国国務省が女性エージェントのカヨコ・アン・パタースンを派遣する
など、世界各国も事態の推移と日本政府の対応に強い関心を示していく。
そんな中、様々な思惑が交錯する関係機関をまとめ上げ、ゴジラによるこれ以上
の破壊を食い止めようと奔走する矢口だったが…。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

コレは気になってて、でも押井守監督が実写撮ったらショボくなるみたいに
庵野監督が実写撮ったら同様にショボくなるんじゃないかと危惧してたけど、
世間の評判はイイ感じなので、これは観に行かずには!ってことでTOHOシネマズ
なんばへ行くことに。

すっげー面白かった。

何?コレ。こんなに面白いとは思わなかったなぁ。
今まで作られたゴジラも面白かったけれど、コレはコレでまた趣の違う感じの
ゴジラで凄く面白かった。

いきなりゴジラが第一形態で出てきて、え?コレがゴジラ?なんて思ったり
してたら、進化していって第四形態であの姿になるってのも斬新。

ゴジラが出てきて、政府が対策会議を開くんだけど、各省庁それぞれの立場で
要望や意見を述べたりと中々中身が決まらない中、事態が深刻していくという
官僚組織を皮肉った描かれ方は中々。実際の政府もこんな感じで会議会議で
何も決まらない感じなのかなぁ。

政府・官僚組織を皮肉るなら、こんな事態になっても9条がー!戦争反対!って
アホの一つ覚えのように叫んでる野党や、国会前でデモする左側の人達も
描いて欲しかったな。ほんでもって9条がー!って叫んでデモしてる人達が
ゴジラに踏み潰されたら、個人的には凄くスカッとするんだけどな。

それにしても10式戦車や75式自走155㎜榴弾砲に、AH-1S、アパッチ、OH-1、F2
と自衛隊の装備している車両や航空機がこれでもかと素晴らしいアングルで
魅せてくれるのもイイ。

自衛隊の装備以上に見応えあったのが、放射熱線を吐き出すゴジラの姿。
発射シークエンスとか発射中の描写は、もう巨神兵とかエヴァそのもの。

事前に石原さとみがルーさとみ化してるって聞いてたけど、確かにルー化
してたなぁ。そんなルー化してる石原さとみもそれはそれでアリだから
全然問題なし!なんだけど、将来の大統領をめざす才女ってのは何だか
違和感あったなぁ。
まぁ可愛いからいいや。


お薦め度:★★★★★(5/5)

にほんブログ村 映画ブログへ

クリックしてくださった方、ありがとうございます。



最新の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ふじき78)
2016-08-16 08:09:44
> ほんでもって9条がー!って叫んでデモしてる人達がゴジラに踏み潰されたら、個人的には凄くスカッとするんだけどな。

どっかで聞いたような皮肉だなと思ったら「グリーン・インフェルノ」の環境団体が助けに行った人喰い人種に食われちゃうってアレだ。放射能の問題さえなければ、文明が破壊された後の日本で「グリーン・インフェルノ」の人喰い人種みたいになった日本人が細々と暮していくって絵もアリなのかもしれない(映画としては成立しないけど)。
>ふじき78さん (はくじ)
2016-08-16 22:56:09
こんばんは。コメントありがとうございます。

シン・ゴジラ面白かったですね。
『グリーン・インフェルノ』で喰われちゃう面々は環境団体の人たちだったんですね。
それは面白そうですね。レンタルしてみるかな。
個人的に環境団体ってシーシェパードみたいな、環境テロリストだと思っているので、彼らが次々と殺される作品なら
楽しめそうです。
9条とゴジラ (もののはじめのiina)
2016-08-17 10:12:56
>9条がー!って叫んでデモしてる人達がゴジラに踏み潰されたら、個人的には凄くスカッとするんだけどな。
面白いですね。でも、・・・ゴジラの尾は、黒い。
ゴジラ映画が、9条変更容認派と思われても困ると考えたのでしょうか・・・?

ところで、エヴァンゲリオンを特撮博物館で見学しましたよ。しかも、「ゴジラ」はもちろんのこと、「キングギドラ」の着ぐるみもいました。
http://blog.goo.ne.jp/iinna/e/649d3d5b5de62b7bb2cefc29d45d0afd

コメントを投稿