だらだら無気力ブログ!

だらだらと毎日を過ごす映画好きな野郎のブログ。
映画の感想や日々の思ったことを書いてます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『サラの鍵』:第18回大阪ヨーロッパ映画祭

2011-11-23 00:02:12 | 第18回大阪ヨーロッパ映画祭

2010年/フランス
35mm-カラー111分
フランス語、英語(日本語字幕)
監督:ジル・パケ=ブレネール
脚本:タチアナ・ド・ロネ
   セルジュ・ジョンクール
出演:ステファン・マルシル
   クリスティン・スコット・トーマス
   メリュジーヌ・マヤンス
   ニールズ・アレストラップ
   フレデリック・ピエロ
   ミシェル・デュショーソワ

過去の悲しみと痛みを未来の光に変える感動作

1942年のパリ、ユダヤ人一斉検挙の朝。10歳の少女サラはすぐ戻れると信じ、
弟を納戸に隠して鍵をかけた。収容所へ送られた彼女は弟を救うために逃亡
し、人々に助けられながらパリへと向かう。
現代のパリ、夫と娘と暮らすアメリカ人女性記者ジュリアは45歳で待望の
妊娠を果たす。喜びを胸に夫に報告するが、彼の答えは思いも寄らぬ反対
だった。そんな人生の岐路に立たされたジュリアはある取材で衝撃的な事実に
出会う。夫の祖父母から譲り受けたアパートのかつての住人が60年前のユダヤ
人迫害事件で連れ去られたサラとその家族だったのだ。
果たしてサラは弟を助けることができたのか。二人は今もいきているのか。
ジュリアは事件を紐解き、サラの足跡をたどる。アメリカに渡っていたサラ。
彼女の息子に隠されていた真実。次々と明かされる秘密がジュリアの心を
揺さぶり、人生さえも変えて行く。そしてすべてが明らかになったとき、
サラの痛切な悲しみを全身で受け止めた彼女はついにひとすじの光を見出す
のだった。
                       (第18回大阪ヨーロッパ映画祭公式パンフより)
    * * * * * * * *

タチアナ・ド・ロネの同名小説を映画化した作品で、大阪では来年1月に
シネ・リーブル梅田で上映予定ですが、今回の大阪ヨーロッパ映画祭で
先行上映するということなので、観に行ってきた。

とても素晴らしい作品だった。

過去のサラのパートと、現在のジュリアのパートが交互に流れるのは効果的で
ダレることなく最後までスクリーンに惹きつけられた。
特にサラのパートでの、純真なサラが弟を助けると約束したからと保護された
農夫夫婦の助けを借りて、アパートまで帰りつき、そこで変わり果てた弟の
姿を発見するサラの姿は観ていて切なくなった。

ジュリアがサラのことについて調べ始めたきっかけは夫の祖父母がサラの居た
アパートを不正な行為で取得したのではないかという疑惑がもとだったんだが、
調べて行くうちにサラが辿った人生を知るうちにジュリア自身の生き方にも
影響を与えていく過程が丁寧に描かれていたと思う。

ラストのジュリアとベルトランのシーンで何故か泪が溢れてしまった。
この未来を感じさせる終わり方はジーンと来るな。

フランスでもナチツドイツが行ったユダヤ人迫害事件があったこと、その事を
1995年にシラク大統領が認めるまでフランス政府は一切認めて来なかったと
いうことについて何も知らなかった。
この映画を観て初めて傀儡政権とは言えフランスが同じことをしていた事実に
衝撃を受けた。

『黄色い星のこどもたち』でもヴェロドローム・ディヴェール大量検挙事件に
ついては描いているが、上映中は見逃してしまったのでDVDが出たら是非観て
みようと思う。

にほんブログ村 映画ブログへ

クリックして下さった方、ありがとうございます。


コメント (2)   トラックバック (46)   この記事についてブログを書く
« 『アイルランドの事件簿』:... | トップ | 『闇を生きる男』:第18回大... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
とにかく (sakurai)
2012-03-12 14:40:22
サラちゃんが秀逸でしたね。
この子がおみごとすぎて、他のパートがかすむほどでした。
「黄色い星・・」のときも感じたのですが、フランスもとんでもないことをしたという深い反省。でも、最悪だけじゃなく、かすかな希望もあった・・ということを描いて、なんとか贖罪にしているようにも見えたのは、へそまがりかな。
>sakuraiさん (はくじ)
2012-03-12 22:47:29
こんばんは。
コメントありがとうございます。

サラ役の子がうまかったですね。
彼女の弟を思う気持ちに惹きつけられました。
>なんとか贖罪にしているようにも見えた
贖罪だとしても映画化することで多くの人にこういった事実が
あったと知らしめる効果があったと前向きに思いたいです。
私もこの映画を見てなかったら、この事件に
ついてずっと知らないままだったかもしれませんし。

コメントを投稿

第18回大阪ヨーロッパ映画祭」カテゴリの最新記事

46 トラックバック

2011年9月19日 『サラの鍵』 赤坂区民センター (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
本日の2本目は、『サラの鍵』です。 【ストーリー】  1942年、ナチス占領下のパリ。ユダヤ人一斉検挙によってヴェルディヴに連れてこられた人々の中に、少女サラはいた。それから60年後。パリに暮らすアメリカ人ジャーナリストのジュリア(クリスティン・スコット・トー...
*『サラの鍵』* ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2010年:フランス映画、ジル・パケ=ブレネール監督、タチアナ・ド・ロネ原作、クリスティン・スコット・トーマス、メリュジーヌ・マヤンス、ニエル・アレストラップ、エイダン・クイン出演。 ≪【第18回(2011年)大阪ヨーロッパ映画祭】先行上映にて観賞≫
『サラの鍵』 (ラムの大通り)
(原題:Elle s'applelait Sarah) ----これって、去年の東京国際映画祭で話題になった映画だよね。 「うん。周りで観た人のほとんどがベストとして推していた。 それを裏付けるかのようにこの作品は、 最優秀監督賞と観客賞をW受賞している。 さあ、どんな映画だ....
【TIFF 2010】『サラの鍵』 (2010) / フランス (Nice One!! @goo)
原題:Sarah's Key / ELLE S'APPELAIT SARAH 監督:ジル・パケ=ブレネール 原作:タチアナ・ド・ロネ 出演:クリスティン・スコット・トーマス メリュシーヌ・マイヤンス ニエル・アレストラップ エイダン・クイン 公式サイトはこちら。(2011年12....
サラの鍵 (食はすべての源なり。)
サラの鍵 ★★★★★(★満点!) 第23回東京国際映画祭 最優秀監督賞/観客賞W受賞 少女は弟を納戸に隠して鍵をかけた。 すぐに戻れると信じて―。 「真実をめぐる物語だ。だから人は目をそらさない勇気を試される。」by池内紀(ドイツ文学者) パリで暮らすアメ...
『サラの鍵』試写 (2回目鑑賞) (Nice One!! @goo)
昨年、第23回東京国際映画祭にて鑑賞した時の感動が忘れられずに、今もずーっと心に残る作品。 ようやく今週末、12月17日より一般公開となります。 まるで自分のことのように嬉しくて仕方がないのです。 そのサラに、ジュリアに、早く逢いたくて、試写会に行って来まし...
サラの鍵 (LOVE Cinemas 調布)
世界中で300万部を売り上げたタチアナ・ド・ロネが原作。フランスで起きたユダヤ人迫害事件「ヴェルディヴ事件」をテーマに、過去事件迫害を受けた少女の生きた軌跡を現在に生きるジャーナリストの女性が追いかける形で、現在と過去をかわるがわる描きながら物語が進行し...
サラの鍵/クリスティン・スコット・トーマス (カノンな日々)
1942年にパリで起きたユダヤ人迫害事件「ヴェル・ディヴ事件」を題材にある家族にまつわる悲劇を描いた社会派のヒューマン・ドラマです。タチアナ・ド・ロネのベストセラー小説を原 ...
東京国際映画祭 *サラの鍵* (Cartouche)
Elle s'appelait Sarah - Teaser   タチアナ・ド・ロネの同名ベストセラー小説の映画化で、人生を変えるほどの大きな決断に迫られるアメリカ人ジャーナリストの物語である。ジュリアは、1942年フランスのヴェルディヴで起きたユダヤ人迫害事件を取材す...
サラの鍵 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。タチアナ・ド・ロネ原作、原題:ELLE S'APPELAIT SARAH(彼女の名はサラ)、英題:Sarah’s Key。ジル・パケ=ブランネール監督。クリスティン・スコット・トーマス、メリュシーヌ ...
サラの鍵 (映画的・絵画的・音楽的)
 『サラの鍵』を銀座テアトルシネマで見ました。 (1)この映画は、以前見た『黄色い星の子供たち』で描かれたのと全く同様の事件(注1)を取り扱った作品で、そちらがかなり実録ベースであるのに対して、こちらはフィクション仕立てになっています(注2)。  そして、そ...
「サラの鍵」 (或る日の出来事)
心に響く物語。過去と今が鮮やかにリンクする。
サラの鍵 /ELLE S'APPELAIT SARAH /SARAH'S KEY (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 第23回東京国際映画祭にて監督賞と観客賞を受賞 KLYさんのお誘いで公開前に試写で観ていたんだけどupが遅れちゃってた。 17日から公開中 タチアナ・ド・ロネによる世界的ベストセラー。 「黄色い星の子供...
『サラの鍵』 (beatitude)
夫と娘とパリで暮らすアメリカ人女性記者ジュリア(クリスティン・スコット・トーマス)は、45歳で待望の妊娠をはたす。が、報告した夫から返って来たのは、思いもよらぬ反対だった。そんな人生の岐路に立った彼女は、ある取材で衝撃的な事実に出会う。夫の祖父母から譲り...
サラの鍵 (とりあえず、コメントです)
タチアナ・ド・ロネ著の同名小説を映画化した作品です。 好きな女優のクリスティン・スコット・トーマスが主演だったので気になっていました。 第二次世界大戦中に全てを奪われてしまった少女サラの人生が痛々しかったです。
真実を知ること (笑う学生の生活)
21日のことですが、映画「サラの鍵」を鑑賞しました。 フランスで行われた ユダヤ人迫害、ヴェルディヴ事件で起きたある悲劇 現代 その謎を追うジャーナリスト 2つの時代から見せていく構成の巧さが光り ストーリー展開で引き込みますね この話は原作のあるフィクショ...
サラの鍵 (映画 K'z films 2)
原題ELLE S'APPELAIT SARAH監督ジル・パケ=ブランネール出演クリスティン・スコット・トーマス メリュジーヌ・マヤンス ニエル・アレストリュプ エイダン・クイン フレデリック・ピエロ公開2011年 12月
サラの鍵 (こんな映画見ました~)
『サラの鍵』---ELLE S'APPELAIT SARAH---2010年(フランス)監督: ジル・パケ=ブランネール 出演:クリスティン・スコット・トーマス 、メリュジーヌ・マヤンス 、ニエル・アレストリュプ、エイダン・クイン タチアナ・ド・ロネによる世界的ベストセラー...
サラの鍵 ELLE S'APPELAIT SARAH (まてぃの徒然映画+雑記)
『黄色い星の子供たち』と同じ、フランスのユダヤ人迫害事件「ヴェルディヴ事件」を題材にした作品。 1942年7月の早朝、突然警官がアパートを訪れ、スタジンスキ一家をはじめユダヤ人を連行する。サラ(メリュジーヌ・マヤンス)はとっさに弟ミシェルを納戸に隠し鍵をか...
『サラの鍵』時を越えて、つながる2人の女性 (Healing )
サラの鍵 ★★★★★ 銀座テアトルシネマ、新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー 過去ー現在ー未来、遠い昔のようでいて つながっている、このいのち 観たのは12月に入ってからの試写会でしたが、 今年最後に、たいへん心を持っていかれた映画となりました。 『ブラック...
【サラの鍵】ヴェル・ディブ事件の爪痕を開く鍵 (映画@見取り八段)
サラの鍵 ~ ELLE S'APPELAIT SARAH ~ 監督: ジル・パケ=ブランネール    出演: クリスティン・スコット・トーマス、メリュジーヌ・マヤンス、ニエル・アレストリュプ、フレデリック・ピエロ...
サラの鍵 (ケントのたそがれ劇場)
★★★★  パリ住まいのアメリカ人女性記者ジュリアは、40代半ばで妊娠するのだが、喜ぶと思っていた夫の反対に失望する。そんなときにある取材がもとになって、1942年に起ったナチによるユダヤ人迫害事件に興味を持ちはじめるのだった。 また偶然にも、夫の父が...
サラの鍵 (映画三昧、活字中毒)
■ 新宿武蔵野館にて鑑賞サラの鍵/ELLE S'APPELAIT SARAH 2010年/フランス/111分 監督: ジル・パケ=ブランネール 出演: クリスティン・スコット・トーマス/メリュジーヌ・マヤンス/ニエル・アレス...
サラの鍵☆独り言 (黒猫のうたた寝)
銀座から新宿武蔵館に駆け込み、宿題の2本目は『サラの鍵』でした。1942年パリ。ユダヤ人一斉検挙ヴェロドローム・ディヴェール大量検挙事件(ヴェル・ディヴ事件)。ナチス占領下のフランスでユダヤ人約1万3000人が味方であるはずのフランス警察に検挙されドイツの強制収容...
サラの鍵 (A Day In The Life)
毎日新聞の映画評で一押しの映画であったことも あり、最寄りの劇場で鑑賞 解説 ナチス占領下のパリで行われたユダヤ人迫害、ヴェルディヴ事件を題材に、 過去と現代を交錯させながらユダヤ人一家に起こった悲劇を描く感動的な 社会派ドラマ。 世界中で300...
映画『サラの鍵』 (健康への長い道)
 ちょうど『ALWAYS 三丁目の夕日’64』を観た頃に悪化した風邪は1月いっぱい治らず、劇場には行けず仕舞い。  2月に入ってようやく治まってきたので、「ヴェルディヴ事件」を題材にしたフランス映画『サラの鍵』をシネリーブル神戸にて鑑賞。  「ヴェルディヴ事件」...
サラの鍵(2010)◎ELLE S'APPELAIT SARAH (銅版画制作の日々)
 ただ、伝えたい。決してあなたを忘れなはしないと。 評価:+8点=88点 ジュリアとともに、私もサラの足跡を旅した気分。ジャーナリストでもないし、サラとは無縁だけど、こうして作品と出会ったことで何かサラという少女が身近に感じられた。 10歳という年で....
サラの鍵 (キノ2)
★ネタバレ注意★  ジル・パケ=ブランネール監督のフランス映画です。  原作はタチアナ・ド・ロネによる世界的ベストセラー、クリスティン・スコット・トーマス主演。  物語の発端は、1942年にパリで行われたユダヤ人の一斉検挙です。  ヴェルディヴ事件と...
「サラの鍵」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Elle s'appelait Sarah」…aka「Sarah's Key」 2020 フランス ジュリアに「ルパン/2004」「ブーリン家の姉妹/2008」「ずっとあなたを愛してる/2008」「お買いもの中毒な私!/2009」「ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ/2009」のクリスティン・スコット・...
現在、過去、真実 ~『サラの鍵』 (真紅のthinkingdays)
 ELLE S'APPELAIT SARAH  1942年7月、パリ。フランス警察が何千ものユダヤ人を逮捕し、屋内競技 場に収容した日。少女サラは弟ミシェルを納戸に匿い、鍵をかけた。  2009年、夫と娘の3...
サラの鍵 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
1942年にパリで起きたユダヤ人迫害事件にまつわる悲劇を描いたタチアナ・ド・ロネのベストセラー小説を映画化。出演は「イングリッシュ・ペイシェント」のクリスティン・スコット・ ...
サラの鍵 (映画感想メモ)
その場にいて、何が出来たのか。 いい加減あらすじ 1942年。サラは当時10歳。
サラの鍵 (映画感想メモ)
その場にいて、何が出来たのか。 いい加減あらすじ 1942年。サラは当時10歳。
サラの鍵 (心のままに映画の風景)
1942年、ナチス占領下のパリ。 フランス当局によるユダヤ人一斉検挙が始まり、10歳のサラは、弟を納戸に隠して鍵を閉める。 一家はヴェルディヴに連れていかれるが…。 2009年。 パリに暮らすアメリカ...
サラの鍵 (迷宮映画館)
「黄色い星の子供たち」のその後・・みたいなやりきれなさも感じる。
「サラの鍵」(2010) (INUNEKO)
フランスがナチに協力して国内のユダヤ人を収容所に送った時の話。 パリのユダヤ人が一斉検挙連行された時、少女は弟をアパートの納戸に隠して助けようとした。 それきりドイツに連れてかれて殺されるとは思ってませんからね。 現代パートの主人公、フランス人と結婚して...
サラの鍵 (映画とライトノベルな日常自販機)
★★★★★4.5“二人の女性の人生が時代を越えてつながっていく運命の不思議さに魅せられます” 映画は現代を生きるジュリアと、ヴェル・ディブ事件やその後のサラが交互に描かれています。 ベルトランはジュリアに“家族がアパートに関する真実を知ることを恐れている”...
「サラの鍵」みた。 (たいむのひとりごと)
地元でようやく公開。予告編では、「1942年のパリのユダヤ人迫害事件」をひも解くうちに、まさかの事実に直面する主人公・・・ということから少しばかり期待して待っていた作品。現代と過去が交差しつつ、中盤ま
サラの鍵 (愛猫レオンとシネマな毎日)
昨年の年間ベストテンに挙げている方が多かったので 地元での公開を心待ちにしていました。 主人公は、ジャーナリストの女性で、観客は彼女を通して、 ナチス占領下のパリで行われたフランス警察によるユダヤ人迫害事件を 知る事になります。 彼女が、家族とパリで暮ら...
やがて来たる者へ/サラの鍵 (あーうぃ だにぇっと)
やがて来たる者へ/サラの鍵@ギンレイホール
「サラの鍵」 (ゆっくり歩こ。)
これ、映画生活のサイトで満足度ランキング上位なんですよね 公開されたときも評価よかったので映画館で観たいな~ と思っていたのですが、 ・・・ その期待が大きすぎたのか・・・ (。・_・)゛ウ-ム 自分としてはものスゴい泣ける話!って勝手に思ってました ...
サラの鍵 (いやいやえん)
「サラの鍵」とは、ユダヤ人の一斉検挙が行われた際、サラが弟をとっさにかくまった納戸の鍵のこと。すぐに帰れると思っていたサラが何気なく取ったこの行動が悲劇を生みます。 賢くて凛としたサラ役の少女の演技に
DVD:サラの鍵  ヴェルディヴ事件を追う女性記者が、少女サラを通して辿り着く真実とは。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
1942年、ナチス占領下のパリ。 ユダヤ人一斉検挙がフランス警察によって行われ、競輪場に集められ迫害を受けた後、収容所に送り込まれ 死に追いやられていた。 この重い事実をネタにした映画(ヴェルディヴ事件) 最近でいうと「黄色い星の子供たち」 LA RAFLE(2011-07-...
サラの鍵 (新・映画鑑賞★日記・・・)
【ELLE S'APPELAIT SARAH】 2011/12/17公開 アメリカ 111分監督:ジル・パケ=ブランネール出演:クリスティン・スコット・トーマス、メリュジーヌ・マヤンス、ニエル・アレストリュプ、エイダン・クイン、フレデリック・ピエロ ただ、伝えたい。決してあなたを忘...
サラの鍵 (映画の話でコーヒーブレイク)
本作を見た時、以前よく似た映画を見たことを思い出しました。 メラニー・ロラン、最近「ドラえもん」で話題のジャン・レノが出演した「黄色い星の子供たち」です。 フランスでは1995年シラク大統領が公式に認めるまで封印されていたヴェル・ディヴ事件。 1942年7月、ヴ...
ヴェル・ディヴ事件の映画2本 (Akira's VOICE)
「黄色い星の子供たち」 「サラの鍵」