だらだら無気力ブログ!

だらだらと毎日を過ごす映画好きな野郎のブログ。
映画の感想や日々の思ったことを書いてます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書

2018-04-02 00:01:26 | 映画(は行)

アメリカ
ドラマ/サスペンス/伝記

    * * * * * * * *

スティーヴン・スピルバーグ監督がメリル・ストリープとトム・ハンクスを
主演に迎え、時の政権に屈することなく言論の自由を守るために戦ったジャー
ナリストたちの矜持と覚悟を描いた社会派実録ドラマ。
ニクソン政権下で機密文書“ペンタゴン・ペーパーズ”を公開し、ベトナム
戦争の欺瞞を暴き出したワシントン・ポスト紙に焦点を当て、就任したばかりの
女性発行人キャサリン・グラハムが、政府を敵に回し、経営危機を招く危険を
冒してでも記事にすべきかという重い決断を下すまでの葛藤の行方を描き出す。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

ベトナム戦争が泥沼化していた1971年。
ニューヨーク・タイムズはベトナム戦争に関する政府に不都合な事実が記載
された最高機密文書、通称“ペンタゴン・ペーパーズ”についてのスクープ
記事を発表する。
アメリカ中が騒然となる中、ニクソン政権は裁判所に記事の差し止め命令を
要求する。
タイムズが出版差し止めに陥る一方、出遅れたライバル紙のワシントン・
ポストでは、編集主幹のベン・ブラッドリーが文書の入手に奔走する。
やがて全文のコピーを手に入れたポストだったが、それを公表すれば裁判と
なって会社の将来を危うくしかねず、経営と報道のはざまで社内の意見は
大きく二分する。
そしてそんな重大な決断が、亡き夫の後を継ぐ形でいきなりアメリカ主要
新聞社史上初の女性発行人となったキャサリン・グラハムに託されたの
だったが…。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

ファースト・ディなので『トレイン・ミッション』を観て帰るのも何だしなぁと
思っていたら、ちょうど本作の上映時間が間もなくだったので、続けて観る
事に。

思ってた以上に見応えあったなぁ。

正直、観る前までは『トレイン・ミッション』とか『レッド・スパロー』とかに
比べると地味で観てて寝落ちしてしまうかもなぁと思っていたんだけど、
観始めるとそんなことは一切なくて最後まで見入ってしまった。

相手が政府であろうが不正をしているならば真実を報道しようとトム・ハンクス
演じる編集主幹や記者たちの奮闘と、まだまだ男性上位の社会で社主であり
ながら女性ってだけで存在を軽視されるメリル・ストリープ演じるキャサリンの
成長と決断の2つの軸を中心に当時の社会状況を描いていて大いに見応えある
内容だった。

相手新聞社のスクープを探るためにスパイを相手の社屋内に放つとか完全に
違法じゃないかって思えることをしてのけるんだけど、彼ら的には報道の
自由のためにはアリってなのがマスコミの傲慢さを感じるな。


お薦め度:★★★☆☆(3/5)

にほんブログ村 映画ブログへ

クリックしてくださった方、ありがとうございます。

『映画DVD(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« トレイン・ミッション | トップ | レッド・スパロー »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画(は行)」カテゴリの最新記事