だらだら無気力ブログ!

だらだらと毎日を過ごす映画好きな野郎のブログ。
映画の感想や日々の思ったことを書いてます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

杉原千畝 スギハラチウネ

2015-12-05 23:16:58 | 映画(さ行)

日本
ドラマ

    * * * * * * * *

第2次世界大戦中、リトアニア領事代理として日本政府に背く形で多くのユダヤ
難民にビザを発給し彼らの命を救った杉原千畝の波乱に満ちた半生を映画化。
世界情勢が混乱を極める中、諜報(ちょうほう)外交官として日本にさまざまな
情報を送ってきた杉原を唐沢寿明が演じ、彼を支える妻に小雪がふんするほか、
日本、ポーランドの実力派俳優が集結。
『サイドウェイズ』などのチェリン・グラック監督がメガホンを取り、国際色
豊かなスタッフ、キャストをまとめ上げた。
                                                              (シネマトゥデイさんより抜粋)
    * * * * * * * *

1935年、満洲国外交部勤務の杉原千畝(唐沢寿明)は高い語学力と情報網を
武器に、ソ連との北満鉄道譲渡交渉を成立させた。
ところがその後彼を警戒するソ連から入国を拒否され、念願の在モスクワ
日本大使館への赴任を断念することになった杉原は、リトアニア・カウナスの
日本領事館への勤務を命じられる。
同地で情報を収集し激動のヨーロッパ情勢を日本に発信し続けていた中、
第2次世界大戦が勃発し……。
                                                              (シネマトゥデイさんより抜粋)
    * * * * * * * *

杉原千畝の功績は知ってたけれど、2回目の『ガールズ&パンツァー劇場版』を
観にTOHOシネマズなんばへ行った際に、ポイントが貯まってたのでついでに
ポイントで鑑賞することに。

139分とちょい長めだけど、ダレずに観られた。

杉原千畝の事は結構昔に見た加藤剛主演のテレビドラマ『命のビザ』で、その
存在と功績は知ってたので、リトアニアに渡ってからの展開は特に目新しい
ものはなかったけれど、満州時代の事とかは新たに知れてよかった。
ま、スパイみたいに現場に出張ってどうのこうのは演出だろうけど。

監督が外国の方だったのと、キャストの多くが外国人で日本人キャストは
少なくて洋画っぽい感じだったので、話の展開は知ってても途中で飽きる
ことなく最後まで観られた。

ポーランド侵攻時のドイツ軍の戦車が二号戦車だったあたり、ちゃんと時代
考証してるなぁと感心しつつ、ドイツ戦車の中で二号戦車が好きな自分としては
二号戦車が出てきてテンション上がった。

それにしても訓令違反した杉原千畝を存在しなかった事にしたり、名誉回復に
2000年までかかっちゃう所に、自国の利益よりも自分らのプライドとかメンツが
大事ってのが先行しちゃう外務省や官僚の懐の小ささに呆れてしまう。


お薦め度:★★★☆☆(3/5)

にほんブログ村 映画ブログへ

クリックしてくださった方、ありがとうございます。


コメント   この記事についてブログを書く
« 劇場アニメ3部作 第1部『亜人... | トップ | 紅殻のパンドラ »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

映画(さ行)」カテゴリの最新記事