だらだら無気力ブログ!

だらだらと毎日を過ごす映画好きな野郎のブログ。
映画の感想や日々の思ったことを書いてます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

アナと雪の女王

2014-04-04 00:05:05 | 映画(あ行)

アメリカ
ファンタジー/アドベンチャー/ミュージカル/アニメ

    * * * * * * * *

アンデルセンの『雪の女王』をモチーフに描くディズニー製作3Dファンタジー
・アニメ。
本国アメリカではディズニー・アニメ史上最高となる空前の大ヒットを記録、
アカデミー賞でもみごと長編アニメーション賞と主題歌賞の2冠に輝いた。
王家の美しい姉妹を主人公に、雪の女王となってしまった姉エルサとそんな姉と
王国を救うために冒険の旅に出た妹アナの運命を描く。
監督は「サーフズ・アップ」のクリス・バックと「シュガー・ラッシュ」の
脚本家で本作の脚本も手がけたジェニファー・リー。
また、初期ミッキーマウス作品と最新CG映像を融合させた遊び心満載の
3D短編「ミッキーのミニー救出大作戦」を同時上映。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

アレンデール王国の王女姉妹エルサとアナ。幼い頃は大の仲良しだった2人
だが、姉エルサには触れたものを凍らせてしまう魔法の力があった。
ある時、その禁断の力がアナを危険にさらしてしまい、責任を感じたエルサは
魔法を封印し部屋に閉じこもってしまう。
しかし月日が経ち、国王夫妻が不慮の事故でこの世を去ると、エルサは王位を
継がなければならなくなる。美しく成長した彼女は、新女王として戴冠式に
臨むが、力を制御できずに、真夏の王国を冬に変えてしまう。
エルサは城から逃亡し、雪山に氷の城を築いて“雪の女王”となり、氷の世界で
それまで抑え込んでいた本来の自分を解放していく。
エルサが心を閉ざしてしまった理由を知ったアナは、大好きな姉と王国の危機を
救うため、危険をかえりみず雪山の奥深くへと旅立つ。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

観に行こうと思いつつも、用事があって観に行けなくて、やっとTOHOなんば
シネマズにて2D吹替え版を鑑賞。

吹替え版、良かった。

いつもなら字幕版をチョイスするんだけど、松たか子の歌う「Let It Go」が
素晴らしいってのを聞いていたので、今回は吹替え版で観ることにしたんだが、
この吹替え版が良かった。

エルサが山奥に逃走して自分を解き放つ際に歌う「Let It Go」は評判どおり
素晴らしかったし、アナが閉ざされた城から出れる喜びを歌った歌とか、他の
歌も良かった。
アナの声を担当した神田沙也加って歌が上手いんだな。

話自体はベタというかありがちというかディズニーっぽい展開ながらも、
程よくミュージカルシーンが挟まることで最後まで飽きる事なく楽しめる
内容になっていた。
これでミュージカルシーンがなかったら、多分イマイチだった印象を受けた
と思う。

同時上映の「ミッキーのミニー救出大作戦」はスクリーンの向こう側は昔の
絵柄で、こちら側は最新のCGで描かれたミッキー達が上手く融合して、所狭しと
動き回って、観ていて楽しい短編だった。


お薦め度:★★★★☆(4/5)

にほんブログ村 映画ブログへ 

クリックしてくださった方、ありがとうございます。


コメント (2)   この記事についてブログを書く
« ゴッド・オブ・バイオレンス/... | トップ | THE NEXT GENERATION パトレ... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
やっと (sakurai)
2014-08-10 09:21:53
なんて、あたしなんか、DVD発売になってからですよ。
ははは。
神田さんは、ゲキ×シネにもお出になってましたが、本当に歌がうまいんですよね。
吹き替えがとってもうまくいった作品でした。
>sakuraiさん (はくじ)
2014-08-17 22:18:44
こんばんは。
コメントありがとうございます。

さすがに週末昼間だとお子様集団と一緒になってしまう
ので、平日レイトショーで人が少ない時間帯に観に行きました。
松たか子の歌が上手いのは予告編で聴いて知ってましたが、
神田沙也加も上手いとは思いませんでした。
いつもは字幕版みるんですが、コレは吹き替えで観て
よかったかなぁって思ってます。

コメントを投稿

映画(あ行)」カテゴリの最新記事