だらだら無気力ブログ!

だらだらと毎日を過ごす映画好きな野郎のブログ。
映画の感想や日々の思ったことを書いてます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

県庁おもてなし課

2013-05-12 21:31:15 | 映画(か行)

日本
ドラマ/ロマンス

    * * * * * * * *

『図書館戦争』『空飛ぶ広報室』の人気作家・有川浩が、郷里・高知県に実在
する“おもてなし課”から観光特使を依頼されたことがきっかけで誕生した
同名ベストセラーを、同じく有川浩原作「阪急電車 片道15分の奇跡」を手がけた
岡田惠和・脚本、三宅喜重・監督で映画化したハートフル・ストーリー。
主演は関ジャニ∞の錦戸亮と「ALWAYS 三丁目の夕日」の堀北真希、
共演に高良健吾、関めぐみ、船越英一郎。
新設の“おもてなし課”に配属された若手職員がアルバイトの女性アシスタント
と力を合わせ、事なかれ主義のお役所体質から脱皮して観光促進の一大プロジェ
クトを実現すべく奮闘する姿をユーモラスかつ心温まるタッチで綴る。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

観光の振興を目指す高知県庁は“おもてなし課”という新たな部署を新設する。
しかし、やる気はあるが少々空回り気味の若手職員・掛水史貴をはじめ、ここに
配属された職員たちは何から始めればいいかも分からず、漫然と業務をこなす
日々。そんな中、地元出身の小説家・吉門喬介に観光特使就任を要請した掛水は、
お役所仕事と民間感覚のズレを厳しく指摘されてしまう。
そこで、民間感覚と柔軟な発想を取り込むため、優秀なアルバイトの多紀を
他部署からスカウトする。さらに吉門のアドバイスに従い、かつてパンダの誘致
という仰天プランで物議を醸し県庁を追われた清遠の力を借りるべく、多紀と
ともに彼のもとを尋ねる掛水だったが…。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

『阪急電車』『図書館戦争』と映画化が続いている有川浩原作で、『阪急電話』の
監督が今作の監督を務めるということで、予告編が流れ出した頃から観てみたい
なぁと思ってたので、早速観に行ってきた。

あの途中のアニメシーン、いる?

『阪急電車』『図書館戦争』が面白かったので、今回も面白いかなぁと思い、
原作未読の状態ながら観に行ったんだが、今回はちょっと個人的には微妙
だったかな。

観光客呼び込みを目的とした新設のおもてなし課の若手職員とアルバイトの
女性の頑張りと恋愛模様を描いているんだが、取り組んだプロジェクトが日の
目を見ずままに終わってるのが何だか結局お役所体質だなぁ~って感じて
しまった。

掛水やおもてなし課の面々は何とかしようと意気込んでいるものの、県庁自体が
変わることができないままで終わってるので、却って高知県庁に対してマイナス
イメージを持たせることになりやしないかな。

高知県の自然の豊かさとか、掛水と多紀のプラトニックな関係とかは面白くて
見応えあったけど、全体的にはちょっと微妙だった。
あの唐突なアニメパートも何だかなぁ~って感じだし。

少なくともこの映画観たから高知県に行きたくなるかといえば、全くそんな気に
はならないっす。
だって行くのが面倒なんだもん。それに自然が自然がって言ってるけど、自然
なんて他の県にも素晴らしい所あるしな。自然を満喫するのに高知県じゃないと
行けないってことでもないし。
一度、高知県に遊びに行こうと思ったものの、いざ行く段になったら何か面倒
だなぁってなって、結局うどん県でうどん巡りしちゃったしな。

でも錦戸亮の笑顔が素敵だし、堀北真希が超絶可愛いし、関めぐみのツンデレ
具合も可愛いので、彼らのファンなら観に行く価値はあると思う。


お薦め度:★★★☆☆(3/5)

にほんブログ村 映画ブログへ

クリックしてくださった方、ありがとうございます。 


コメント (4)   トラックバック (30)   この記事についてブログを書く
« 7 DAYS リベンジ | トップ | 探偵はBARにいる2 ススキ... »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
アニメーション (メビウス)
2013-05-19 19:22:56
はくじさんこんばんわ♪TB有難うございました。

掛水の脳内想像をイメージしたあのアニメーションは正直あってもなくてもどっちでも良かったかもしれませんね^^;実は自分の本作の鑑賞理由がそのアニメーションを手掛けた寺元幸代監督であって、映画ドラえもんで高い手腕を発揮してた人なので期待してたのですがまさかあんなに短いとは・・(汗
原恵一監督みたいになるのはまだ遠いですね(笑
>メビウスさん (はくじ)
2013-05-20 00:57:38
こんばんは。
コメントありがとうございます。

個人的には唐突にアニメシーンになったので、そこで
えっ!?ってなりました。
アニメのクオリティ自体は良かったと思いますが、
高知の名所景勝地をアニメで紹介するのってどうよ?
って印象です。
観光案内 (sakurai)
2013-05-22 15:08:50
にしても半端だし、恋愛ものとしても半端だし、お役所の体質をなんとか!!というほどまでに届かず・・。
日本のこういうテーマの作品というのは、無難に終わらせるくらいが精いっぱいなんでしょうね。
高良君の役どころがちょっとミスキャストかなと。
もうちょっと上の人ですよね。
>sakuraiさん (はくじ)
2013-05-23 00:31:09
こんばんは。
コメントありがとうございます。

個人的には、少しは結果が出て、さらに頑張ろうと
期待がもてる終わり方ならまだしも、ただちに中止でも
なく継続審議でうやむやにしてしまおうとするお役所
体質全開の高知県庁でした!でも僕らはがんばります
じゃ、何だかなぁ~っていう印象を受けてしまいました。

コメントを投稿

映画(か行)」カテゴリの最新記事

30 トラックバック

県庁おもてなし課 (花ごよみ)
原作は「図書館戦争」 「フリーター、家を買う。」 「阪急電車」などで 今、人気抜群の有川浩の同名小説。 浜村淳がゲストの、 試写会に行ってきました。 この映画の監督である 三宅喜重さんの舞台挨拶などもありました。 彼は有川浩原作の、 「阪急電車 片道15分の奇...
映画『県庁おもてなし課』★あたかも四万十川のように(*^_^*) (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
  作品について http://cinema.pia.co.jp/title/160602/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。     原作者の 有川浩 さんが、ふるさとの高知県を舞台にした作品です。     観光促進して、地...
映画「県庁おもてなし課」を観ました!!(2013-08) (馬球1964)
映画「県庁おもてなし課」を観ました!!
県庁おもてなし課/錦戸亮、堀北真希 (カノンな日々)
私の敬愛する作家・有川浩さんが郷里の高知県から観光特使に任命されたのをきっかけに誕生したベストセラー小説をあの岡田惠和さんが脚本を手がけ三宅喜重監督によって映画化され ...
県庁おもてなし課 (勝手に映画評)
有川浩の同名小説の映画化。 有川作品って、映画化されるときには、現在公開中の『図書館戦争』しかり、『阪急電車』しかり、結構原作に忠実に描かれるんですが、この作品は若干それらとは一線を画している気がします。何と言っても、途中のアニメ。あれって、どう?私的...
県庁おもてなし課 ★★★ (パピとママ映画のblog)
「図書館戦争」などで人気の有川浩の小説を、『阪急電車 片道15分の奇跡』の三宅喜重監督と脚本家・岡田惠和の再タッグで映画化。高知県庁に実在する「おもてなし課」を舞台に、職員たちが高知の観光振興のためひた走る姿を描く。主演は関ジャニ∞の錦戸亮、彼と一緒に数...
『県庁おもてなし課』を観てきた!? (映画観たよ(^^))
『県庁おもてなし課』を観てきました。 県庁おもてなし課 - 映画.com いやいや、そんなに期待していなかったのですが、やはり人気作家のヒット作だけのことはありますね。よくぞこの時間にまとめて楽しませてくれました。 ライトタッチな恋愛描写もこの作品にはよく似合...
映画『県庁おもてなし課』観てきた。。。。 (よくばりアンテナ)
原作を先日読んだばかり。そして予告編もなかなかいい感じに出来てるし、 そりゃ、期待しないほうがおかしいよね。 しかし、期待し過ぎは良くなかったかな。 高知県を舞台に、県庁に新設された「おもて...
県庁おもてなし課 (佐藤秀の徒然幻視録)
脱坂本龍馬? 公式サイト。「阪急電車 片道15分の奇跡」に続く有川浩原作、三宅喜重監督コンビでの映画化。錦戸亮、堀北真希、高良健吾、関めぐみ、甲本雅裕、松尾諭、船越英一郎 ...
『県庁おもてなし課』 2013年5月14日 TOHOシネマズ日劇 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『県庁おもてなし課』 を鑑賞しました。 あれれ、この結末って中途半端じゃない 【ストーリー】  観光の促進を円滑にするために高知県庁は「おもてなし課」を設立。若手職員・掛水(錦戸亮)を中心としたメンバーたちが何をすべきかわからず困惑していると、地元出身...
「県庁おもてなし課」:テンポの遅さと紋切り型 (大江戸時夫の東京温度)
試写会で観ました。おととし公開の『阪急電車 片道15分の奇跡』は、ちょっと拾いも
県庁おもてなし課 (単館系)
県庁おもてなし課 TOHOシネマズ渋谷 2013/5/11公開 観光の促進を円滑にするために高知県庁は「おもてなし課」を設立。 若手職員・掛水(錦戸亮)を中心としたメンバーたちが何をすべきかわからず 困惑...
県庁おもてなし課 (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】三宅喜重 【出演】錦戸亮/掘北真希/関めぐみ/甲本雅裕/松尾諭/高良健吾/船越英一郎 【公開日】2013年 5月11日 【製作】日本 【ストーリー】 全国が観光ブームに沸く中、高知県庁は...
『県庁おもてなし課』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「県庁おもてなし課」□監督 三宅喜重□脚本 岡田惠和□原作 有川 浩□キャスト 錦戸 亮、堀北真希、関めぐみ、甲本雅裕、松尾 諭■鑑賞日 5月11日(土)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0...
「県庁おもてなし課」 (NAOのピアノレッスン日記)
~ようこそ、ボクらの大好きなまちへ~ 配給:東宝       上映時間:123分監督:三宅喜重原作: 有川浩「県 庁おもてなし課」(角川文庫 刊)脚本:岡田惠和音楽:吉俣 良主題歌:「ここにしかない景色」関ジャニ∞(テイチクエンタテインメント)出....
ここにしかない景色~『県庁おもてなし課』 (真紅のthinkingdays)
 東京の大学を卒業し、郷里の高知で県庁職員として働き始めた掛水(錦戸亮) は、「おもてなし課」 に配属される。彼は、高知出身の小説家・吉門喬介(高良 健吾)に 「観光特使」 就任を打診するのだ...
県庁おもてなし課 (とりあえず、コメントです)
高知県庁を舞台にした有川浩著の同名小説を映画化したドラマです。 予告編を観て楽しみにしていたので、先に映画を観ようと原作を読まずに公開を待っていました(^^ゞ 予想以上に爽やかで、でもちょっと一筋縄では行かない仕事と恋の物語が展開されていました。
県庁おもてなし課 (迷宮映画館)
安心な一本!
「県庁おもてなし課」高知よいとこ…。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[県庁おもてなし課] ブログ村キーワード  “春の有川浩 祭”(勝手に命名(^^;)。TVドラマ「空飛ぶ広報室」、映画「図書館戦争」に続いて、〆を務める本作。「県庁おもてなし課」(東宝)。自衛隊も銃撃戦も出てこない、ほのぼのとしたお話でございます。  高知...
そうだ、高知へ行こう・・・になればいいね。~「県庁おもてなし課」~ (ペパーミントの魔術師)
ファンの方には申し訳ないが最初は有川浩×錦戸亮で人が集まるアイドル映画だと思ってた。 でも、この作品を作ったことで きっと高知へ行きたくなる人が増えるし、そうあってほしいと本気で思った。 錦戸くんが、高良くんが、堀北真希ちゃんが、関めぐみちゃんが、 高知...
『県庁おもてなし課』('13初鑑賞42・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆- 5月11日(土) OSシネマズ神戸ハーバーランド スクリーン7にて 15:00の回を鑑賞。
映画「県庁おもてなし課」 (FREE TIME)
映画「県庁おもてなし課」を鑑賞しました。
県庁おもてなし課 (映画的・絵画的・音楽的)
 『県庁おもてなし課』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)少々ボーッと見ることができる映画がいいのではと思って映画館に入ってみました。  本作の舞台は、高知県。  観光促進を旗印に、県庁の観光部に「おもてなし課」が設置され、若手の県庁職員・掛水(錦戸亮)...
「県庁おもてなし課」四半世紀前のレジャー構想を実現しようとした先にみた自分の愛する地元をアピールする難しさ (オールマイティにコメンテート)
「県庁おもてなし課」は有川浩原作の「県庁おもてなし課」を映画化した作品で、実在に高知県庁観光振興部おもてなし課を舞台に高知県そのものをレジャーランド化しようと動き出す ...
県庁おもてなし課 (愛猫レオンとシネマな毎日)
有川浩さんの同名小説の映画化です。 最近、有川作品が、次々と映像化されていますよね。 本作の舞台である高知県は、有川さんの故郷だそうです。 今回の映画化は、嬉しい事だったでしょうね。 高知県庁は、観光促進の為、新しく「おもてなし課」なるものを設置。 そこ...
県庁おもてなし課 (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
県庁おもてなし課 '13:日本 ◆監督:三宅喜重「阪急電車 片道15分の奇跡」 ◆出演:錦戸亮、堀北真希、高良健吾、関めぐみ、船越英一郎 ◆STORY◆観光の促進を円滑にするために高知県庁は「おもてなし課」を設立。若手職員・掛水(錦戸亮)を中心としたメンバーた...
映画『県庁おもてなし課』を観て (kintyre's Diary 新館)
13-45.県庁おもてなし課■配給:東宝■製作年、国:2013年、日本■上映時間:123分■料金:1,800円■観賞日:5月25日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(六本木)◇堀北真希◇錦戸亮◇船越英一郎◇高良健吾◇関めぐみ【ストーリー&感想】(ネタバレあり)高知県...
県庁おもてなし課 (タケヤと愉快な仲間達)
監督:三宅喜重 出演:錦戸亮、堀北真希、関めぐみ、甲本雅裕、松尾諭、高良健吾、船越英一郎 【解説】 「図書館戦争」などで人気の有川浩の小説を、『阪急電車 片道15分の奇跡』の三宅喜重監督と脚本家・岡田惠和の再タッグで映画化。高知県庁に実在する「おもてなし課...
県庁おもてなし課 (のほほん便り)
厳しい意見もあったみたいですが、休日にのんびり観る分には、とてもピッタリな爽やかでキモチのいい作品でした。「阪急電車」(ヨカッタ!)と同じ、原作、監督と脚本家さんのタッグ、だったんですね。ちなみに、岡田惠和は「いま、会いにゆきます」「おっぱいバレー」の...
県庁おもてなし課 (映画大好きだった^^まとめ)
730 : 名無シネマ@上映中 [sage] 2013/05/14(火) 21:41:47.72 ID:ieazocXQ爽快だよね。観た後なんだか妙に希望が感じられる映画。616 : 名無シネマ@上映中 [sage] 2013/05/12(日) 12:27:09.71 ID:i/YSKwe/派手な事 ...