だらだら無気力ブログ!

だらだらと毎日を過ごす映画好きな野郎のブログ。
映画の感想や日々の思ったことを書いてます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

県庁おもてなし課

2013-05-12 21:31:15 | 映画(か行)

日本
ドラマ/ロマンス

    * * * * * * * *

『図書館戦争』『空飛ぶ広報室』の人気作家・有川浩が、郷里・高知県に実在
する“おもてなし課”から観光特使を依頼されたことがきっかけで誕生した
同名ベストセラーを、同じく有川浩原作「阪急電車 片道15分の奇跡」を手がけた
岡田惠和・脚本、三宅喜重・監督で映画化したハートフル・ストーリー。
主演は関ジャニ∞の錦戸亮と「ALWAYS 三丁目の夕日」の堀北真希、
共演に高良健吾、関めぐみ、船越英一郎。
新設の“おもてなし課”に配属された若手職員がアルバイトの女性アシスタント
と力を合わせ、事なかれ主義のお役所体質から脱皮して観光促進の一大プロジェ
クトを実現すべく奮闘する姿をユーモラスかつ心温まるタッチで綴る。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

観光の振興を目指す高知県庁は“おもてなし課”という新たな部署を新設する。
しかし、やる気はあるが少々空回り気味の若手職員・掛水史貴をはじめ、ここに
配属された職員たちは何から始めればいいかも分からず、漫然と業務をこなす
日々。そんな中、地元出身の小説家・吉門喬介に観光特使就任を要請した掛水は、
お役所仕事と民間感覚のズレを厳しく指摘されてしまう。
そこで、民間感覚と柔軟な発想を取り込むため、優秀なアルバイトの多紀を
他部署からスカウトする。さらに吉門のアドバイスに従い、かつてパンダの誘致
という仰天プランで物議を醸し県庁を追われた清遠の力を借りるべく、多紀と
ともに彼のもとを尋ねる掛水だったが…。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

『阪急電車』『図書館戦争』と映画化が続いている有川浩原作で、『阪急電話』の
監督が今作の監督を務めるということで、予告編が流れ出した頃から観てみたい
なぁと思ってたので、早速観に行ってきた。

あの途中のアニメシーン、いる?

『阪急電車』『図書館戦争』が面白かったので、今回も面白いかなぁと思い、
原作未読の状態ながら観に行ったんだが、今回はちょっと個人的には微妙
だったかな。

観光客呼び込みを目的とした新設のおもてなし課の若手職員とアルバイトの
女性の頑張りと恋愛模様を描いているんだが、取り組んだプロジェクトが日の
目を見ずままに終わってるのが何だか結局お役所体質だなぁ~って感じて
しまった。

掛水やおもてなし課の面々は何とかしようと意気込んでいるものの、県庁自体が
変わることができないままで終わってるので、却って高知県庁に対してマイナス
イメージを持たせることになりやしないかな。

高知県の自然の豊かさとか、掛水と多紀のプラトニックな関係とかは面白くて
見応えあったけど、全体的にはちょっと微妙だった。
あの唐突なアニメパートも何だかなぁ~って感じだし。

少なくともこの映画観たから高知県に行きたくなるかといえば、全くそんな気に
はならないっす。
だって行くのが面倒なんだもん。それに自然が自然がって言ってるけど、自然
なんて他の県にも素晴らしい所あるしな。自然を満喫するのに高知県じゃないと
行けないってことでもないし。
一度、高知県に遊びに行こうと思ったものの、いざ行く段になったら何か面倒
だなぁってなって、結局うどん県でうどん巡りしちゃったしな。

でも錦戸亮の笑顔が素敵だし、堀北真希が超絶可愛いし、関めぐみのツンデレ
具合も可愛いので、彼らのファンなら観に行く価値はあると思う。


お薦め度:★★★☆☆(3/5)

にほんブログ村 映画ブログへ

クリックしてくださった方、ありがとうございます。 


コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 7 DAYS リベンジ | トップ | 探偵はBARにいる2 ススキ... »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
アニメーション (メビウス)
2013-05-19 19:22:56
はくじさんこんばんわ♪TB有難うございました。

掛水の脳内想像をイメージしたあのアニメーションは正直あってもなくてもどっちでも良かったかもしれませんね^^;実は自分の本作の鑑賞理由がそのアニメーションを手掛けた寺元幸代監督であって、映画ドラえもんで高い手腕を発揮してた人なので期待してたのですがまさかあんなに短いとは・・(汗
原恵一監督みたいになるのはまだ遠いですね(笑
>メビウスさん (はくじ)
2013-05-20 00:57:38
こんばんは。
コメントありがとうございます。

個人的には唐突にアニメシーンになったので、そこで
えっ!?ってなりました。
アニメのクオリティ自体は良かったと思いますが、
高知の名所景勝地をアニメで紹介するのってどうよ?
って印象です。
観光案内 (sakurai)
2013-05-22 15:08:50
にしても半端だし、恋愛ものとしても半端だし、お役所の体質をなんとか!!というほどまでに届かず・・。
日本のこういうテーマの作品というのは、無難に終わらせるくらいが精いっぱいなんでしょうね。
高良君の役どころがちょっとミスキャストかなと。
もうちょっと上の人ですよね。
>sakuraiさん (はくじ)
2013-05-23 00:31:09
こんばんは。
コメントありがとうございます。

個人的には、少しは結果が出て、さらに頑張ろうと
期待がもてる終わり方ならまだしも、ただちに中止でも
なく継続審議でうやむやにしてしまおうとするお役所
体質全開の高知県庁でした!でも僕らはがんばります
じゃ、何だかなぁ~っていう印象を受けてしまいました。

コメントを投稿

映画(か行)」カテゴリの最新記事