だらだら無気力ブログ!

だらだらと毎日を過ごす映画好きな野郎のブログ。
映画の感想や日々の思ったことを書いてます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ヒューゴの不思議な発明

2012-03-01 23:59:43 | 映画(は行)

アメリカ
アドベンチャー/ファンタジー

    * * * * * * * *

ブライアン・セルズニックのベストセラー小説を「グッドフェローズ」
「ディパーテッド」のマーティン・スコセッシ監督が自身初の3Dで映画化した
ファンタジー・アドベンチャー。
1930年代のフランス、パリを舞台に、駅の時計台に隠れ住む少年が父の遺した
機械人形の謎を追って不思議な大冒険を繰り広げるさまを、ジョルジュ・メリエス
はじめ映画創成期へのオマージュをふんだんに、美しく幻想的な3D映像で
描き出していく。
主演は「縞模様のパジャマの少年」のエイサ・バターフィールド、
共演にクロエ・グレース・モレッツ、ジュード・ロウ、ベン・キングズレー。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

1930年代のフランス、パリ。父を亡くした少年ヒューゴは、駅構内の時計台に
隠れ住み、時計の整備をしながら孤独な毎日を送っていた。
そんな彼の心のよりどころは、父が遺した壊れたままの不思議な“機械人形”。
その修理に悪戦苦闘していたヒューゴは、おもちゃ屋で万引きを働き店主の
老人に捕まり、人形について書かれた大切な父のノートも取り上げられて
しまう。そんな中、ヒューゴは老人の養女イザベルと仲良くなり、一緒に
機械人形の秘密を探ってゆくのだが…。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

今年のアカデミー賞11部門でノミネートしたっての興味が惹かれたのと、
今日が1日で¥1000で観られるということもあって、クロエ・モレッツ
目当てで2D字幕版を観に行ってきた。

邦題に偽り有り!じゃない?

不思議な発明って? 不思議な物を修理したならわかるけども、何でこんな
変な邦題になったんだろう。
タイトルや予告編でがっつりファンタジーなんだと思っていたが、ファンタジー
成分もあったけど、どちらかと言えば人間ドラマ的な展開だった。
主人公は駅で暮らす孤児のヒューゴなんだが、イマイチ、彼の行動に
共感がもてなかった。

それに比べるとクロエ・モレッツ演じるイザベルは可愛かったな。
初めて映画を見るシーンとかでめまぐるしく変わる表情は素敵だった。
「キック・アス2」が今夏にもクランクインするみたいだが、ヒットガール
役で続投するのかな? 彼女以外でヒットガールは考えられないんだが。

ただ映像はさすがに綺麗だし、「月世界旅行」などの映画黎明期の作品への
愛情が感じられる演出は良かった。


お薦め度:★★★☆☆(3/5)

にほんブログ村 映画ブログへ

クリックしてくださった方、ありがとうございます。


コメント (4)   この記事についてブログを書く
« トワノクオン 第六章 永久... | トップ | 戦火の馬 »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
やっぱり (sakurai)
2012-03-08 22:24:48
作品賞・・とまでは行かないですよね。
なんだか釈然としなかったり、バランスが悪いなあとも感じました。
3Dしか上映がないってのもなんかなあでしたわ。
映画へのあふれる愛は十分に感じました。
>sakuraiさん (はくじ)
2012-03-08 23:52:00
こんばんは。
コメントありがとうございます。

作品賞はさすがに厳しいかなと思いました。
映像はきれいだし、映画への愛情はすごく感じるんですがね。
個人的にはクロエ・モレッツ観れたので満足ですが。
こんばんは (D.ギルモア(シネワン))
2012-11-07 22:35:43
いつもお世話になり、ありがとうございます。
全く同感です。見終わって、ヒューゴが何を発明したのかよく考えてみると、何もありません。いい加減な邦題ですよね。
例えば、不思議な発明が映画だとしたら、ヒューゴと不思議な発明にしたら、よかったんじゃないかな、と思ったりなんかして。
>D.ギルモア(シネワン)さん (はくじ)
2012-11-08 01:25:55
こんばんは。
コメントありがとうございます。

邦題はちょっと偽りありって感じでしたね。
それなりに面白い作品だったんですけどね。

コメントを投稿

映画(は行)」カテゴリの最新記事